« 美人薄命 | トップページ | ブンカブンカドンドン »

2011年11月 2日 (水)

さつま芋の花

さつま芋の花がこの時期になると咲きだしてくる。

003w

同じ芋でも、ジャガイモの花は開花する量が多いので目立つが、さつま芋の花は、ぜんぜん咲かない畑のほうが多いので珍しいうちに入るだろう。

中央が濃い紫をしているが、外に向かって次第に白くなっていく。

花の径は3~4cmほどで、星朝顔を大きくしたような漏斗上の花を咲かせるところからみると、おなじアンデス高原が発祥地であるけれど、植物学的には縁もゆかりもない種のようだ。

ペルーの露天を見て歩いたときもジャガイモはいろんな種類のもが並んでいたが、さつま芋にいたってはついぞ見た記憶がないし、食事の席でも見かけた覚えがない。

このさつま芋は、いたって生命力の強い草のようで、植え付けは茎をいくつかに切って土に刺しておくだけで成長するものだが、戦後の食糧難の折には葉っぱのしたの部分を切って食べて覚えがある。

味は無味無臭で、ともするとぜんまいのような歯ごたえがあったので、結構旨かったように記憶しているが、先日富士宮の農産物売り場にこの部分が売られているのを見て、懐かしかったのと、「今でも食べられているんだ」と感心したものだ。

023uちなみに、星朝顔の写真を参考に、、、、星朝顔の大きさは1cmくらいでかなりの差があるが、色と形は、同じユウガオ科だけあってよく似ている。

|

« 美人薄命 | トップページ | ブンカブンカドンドン »

コメント

よしこさんのころは食糧事情もかなりよくなっていたでしょうから、、、、、
とにかく食べるものがなく、米も通帳があって、月のうち10日分ほどしか配給がありませんでした。
その10日分も、母親について4kmはなれた米屋に行くのですが、親子5人で月10kgほどしかありませんので、とても足りません。
さつま芋やジャガイモの入ったご飯はまだよいほうでしたよ。
すいとんだって、岩塩だけしか味付けするものがなく、最近すいとんを食べる会なんてのを聴きますが、とても味では勝負になりません。
そんな生活をしてみると、いまの暮らしは天国ですね。
だから、「食べ物を粗末にすると罰が当たる」は今でも身に染みています。

投稿: オラケタル | 2011年11月 4日 (金) 22時37分

月下美人には遠く及ばないけれど、サツマイモの花なら足元ぐらいには。庶民的な食べ物ですけど、花はなかなか綺麗ですね。ほんと、ホシアサガオによく似ていますね。食べるのはジャガイモより、サツマイモの方が好きですが、母親は戦時中の食べ物を思いだして、嫌なんですって。水とんにもサツマイモのサイコロ状に切った実と蔓が浮かんでいて、来る日も来る日もそればかりで、本当に嫌なんですって。父親の方はシベリア抑留の時に凍った生のジャガイモにかじりつきあまりのまずさに吐きだしたことがあったそうで、ジャガイモが食べられませんでした。呑気にお芋が好きなんてバクついていると、よくそんな話をされましたよ。

投稿: よしこ | 2011年11月 4日 (金) 16時25分

ぴかっとサリーさん
そんな料理に仕方もあるんですね。
私どもは、食うものがない時期だったので、長い時間囲炉裏の上につるした自在鈎を使って煮たものです。
今度どこかで試してみましょう。まだ茎の柔らかい時期に

さつま芋の花、咲きやすい種類でもあるのでしょうか。全然咲かない畑もあるでしょ、、、、

投稿: オラケタル | 2011年11月 3日 (木) 22時08分

こんばんわ

私はさつまいもの茎の皮を剥きチョット湯がき
きんぴらのように味付けして食べるのが好きです♪
昔は皮をむかない味が染み込まなかったりで皮を剥きましたが・・・
今のさつまいもの茎は柔らかいのかそのままでも料理できます♪

可愛いお花です。
こんなに素敵にお花撮影してもらえるなんて感無量でしょうさつまいもさんも(笑)
ほんとうに綺麗な花です。

私も咲かせてみたいと思います。
良いものを見せて頂きありがとうございました。(ペコリ)

投稿: ピカッとサリー | 2011年11月 3日 (木) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53147008

この記事へのトラックバック一覧です: さつま芋の花:

« 美人薄命 | トップページ | ブンカブンカドンドン »