« 馬肥ゆる初冬 | トップページ | 地表の紅葉 »

2011年11月23日 (水)

小雪は小雪でも

今日は小雪

「冷ゆるがゆえに、雨も雪となりて下るが故なり」と解説してあり、決して同名の女優の記念日ではない。

003_2

すっかり葉が落ちた山椒の木に黒々と光っている実がぶら下がっていた。

鳥に食べられ、運ばれることもなかったようで、皮がはじけ実がむき出しになっている。

まさに”山椒は小粒でもひりりと辛い”と言うことわざどおり、こどものころ口の中で噛み潰したとき、辛いより苦かった思い出がよみがえり唾がたまる。

この木の若葉をつぶした匂いが好きで、春先には少し失敬してきて、すり鉢のなかに、味噌と若葉を入れ、すりつぶしたものをご飯の上に乗せてを食べるのが好きである。

|

« 馬肥ゆる初冬 | トップページ | 地表の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53317191

この記事へのトラックバック一覧です: 小雪は小雪でも:

« 馬肥ゆる初冬 | トップページ | 地表の紅葉 »