« さつま芋の花 | トップページ | 大道芸を »

2011年11月 3日 (木)

ブンカブンカドンドン

027w

麻機の休耕田にはいって虫取り網を振り回している子供たちに声をかけた。

「何が獲れるの?」って、そうしたら「カマキリ!ほれこんなおおっきいやつが、、」と得意そうに虫籠をあげて見せてくれたが、なかみまでは見えなかった。

カブトムシもクワガタも消えたいま、一番の大物はカマキリなのであろう。

また一匹獲物を獲ったようで、二人で品定めをしていた。

得意になってもって帰れば、またお母さんの頭痛の種になりそう。

でも、ゲームに夢中になっているより、このほうがよっぽどいい。

「腕白でもいい、、、」

.

今日は「文化の日」自由と平和を愛し、文化を進める日。となんだか分かったような分からない祝日である。

それかあらぬか今年も文化勲章受賞者を大量につくって巷に話題をふりまいているが、ある会合で聞いた「文化勲章とか功労賞ってやつは、政府や市町村長にべったりの団体に入っていないと貰えないからね」という言葉が耳に残っていて、、、、            (下司のやっかみといわれそうで)

文化という言葉が初めて日本で使われたのは江戸時代の中ごろ、”文化”という年号ではないかと思うが、中国の周易や後漢書の中から二文字を歯抜けの形で引っ張り出したもので、いま使われている「文化」は明治になって英語のカルチャー(culture)に漢字を当てはめたものという。

そして、その意味合いは人間が社会に順応していく術をいうらしく、曖昧模糊としたもので、機械などを使う文明と区別しているがその境界線も分からない。

戦後になって、なんでも文化を頭につければ人々を納得させたようで、文化包丁や文化シャッター、文化放送、文化大学、、、そして、おとなり中国では文化大革命などがあって多くの人が苦しめられた経緯を持つ。

街中を鼓笛隊が通れば、ブンカブンカドンドン ブンカドンドン、、、、これも文化である。

|

« さつま芋の花 | トップページ | 大道芸を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53154986

この記事へのトラックバック一覧です: ブンカブンカドンドン:

« さつま芋の花 | トップページ | 大道芸を »