« 昔を思ってさまよう | トップページ | 接客下手が玉に瑕 »

2011年11月17日 (木)

りんご摘みにはしゃぐ

081

トンネルを抜けるとそこは雪国だった。の逆、と言うほど大げさなものではなかったが、飛騨と信濃をつなぐ安房トンネルを抜けると見上げる山々に雪の気配もなく晩秋と言った趣きが残っていた。

やはり、国境は何かが違う。

それでもしばらくはトンネル続きの山道なので地面が凍っているのを心配しながら梓川沿いに下る。

松本を抜け、三歳山トンネルから長和町、そして、立科町に入ると通いなれた道であり、道の両側のりんごの色付きを見ながら義弟の家に車を入れる。

義弟に、りんごの木を一本世話してもらい、兄弟夫婦六人でそれぞれ勝手に摘み取る。兄弟たちはこれが最大の楽しみだったようで大喜び。

このほかに、贈り物や頼まれているりんごは、いつも世話になっている農園に行って注文するまでが今回の仕事。

日もようやく傾く、と言うにはまだ早い三時過ぎだったが、ここ連日の運転などで疲れを感じてしまい、早々に宿に入ろうと言うことになり、今夜の宿に向かった。

071

宿は、望月町の”みどりの村”というところで、今回始めてロッジ泊まりをすることにした。

このロッジは、いままで見たことはあったが、誰かの別荘だとおもっていたものであり、ログハウス風の建物六棟が松や白樺の木の間に立っている。

070なかは、10人までが泊まれる一戸建てで、簡単な台所とカラオケがついたダイニングキッチンと寝室がついたもので、内風呂はあるが、食堂と温泉は200mあまりはなれた本館まで出かけなければならない場所にある。

昨日、平湯温泉で話は尽きたと思っていたが、温泉に浸かり食事の後、またしても話が続く。

静岡のみかん、岐阜の富有柿、長野のりんご、そして、、、、、、テーブルの上には食べ物がとりどりに並び、食堂で腹いっぱいになったはずなのに、、、また食べ、歌い夜は更けていく、、、、、。

|

« 昔を思ってさまよう | トップページ | 接客下手が玉に瑕 »

コメント

よしこさま
飯田のほうのりんご畑も多いところですね。
中央高速を使ってきた弟も、飯田インターに降りる車が本線まで渋滞していたと言っていました。

周りから見れば、同じ話の繰り返しなのでしょうが、なかなか種がつきません。一種、同級会に似ていますね。
ロッジの利用は今回が初めてでした。まえに、何度か同じような形式のところに泊まったこともありましたが、ひとつの建物の中と、一戸建てとは大分趣きが違います。
ただ、当たり外れが多いようで、悲惨な経験をした話も聞いています。

投稿: オラケタル | 2011年11月20日 (日) 21時51分

TOMOKOさま
法要にかこつけて兄弟が集まり親交を深める。これが本来の目的ではないかと日ごろ言っています。
ただこれも、兄弟が各地にちりじりになっているためで、跡取りの自分が、故郷を離れてしまったことが原因です。
しかし、たまに会うからよいので、同じ地区に親類、兄弟が集まっていると必ず揉め事が出来ているのも事実ではないでしょうか。

投稿: オラケタル | 2011年11月20日 (日) 21時41分

おばさま
りんご狩りは毎年やっています。
兄弟夫婦の連れ合いが協力してくれますので、成り立っているのですが、いまのところ、毎年の楽しみです。
ロッジ泊まりも、周りを気にしなくてもよいほど距離と防音装置があればこんなによいものと思いませんでした。
別荘だと維持費にもお金がかかりますが、こういうところを探してあちこち歩けば、全国に別荘があると言っても過言ではないですね。
ただ、当たり外れの大きいのが難点ですけれど、、、

投稿: オラケタル | 2011年11月20日 (日) 21時35分

やはり、林檎の樹には郷愁を感じます。
林檎の花、樹に生った林檎…故郷の香りがこっちまで来ます。
ロッジでの懐かしい話、いいですね。旅館での立派なお料理ではやっぱりどこかかしこまってしまいますし、昔のなんていうんでしょう、囲炉裏を囲んで、いつまでも語らっていたそんなことを思い出します。いつの間にか男女にわかれ普段では出来ない話も出来たりして、おばあちゃん、叔母さん、自分の母親も含めて、今まで知らなかった一面も見れたりして楽しかったです。
今度オットの60歳の節目にはこんなところで過ごすといいかなって思いました。ロッジなら、子ども連れでも樹を使わなくていいですものね。いいお話をありがとうございます。

投稿: よしこ | 2011年11月20日 (日) 13時42分

お母様の法要にご兄弟が集まり・・・と、ここまでは
我が家(私の方も)同じですが、その後皆さまで同じ宿に泊って積もる話に夜の更けるのを忘れ・・リンゴ狩りにも興じ・・
この辺が羨ましいです。
我が家の場合は法要を済ませばお終い。
私の方は実家の家で法要をし、その後近くの料理屋さんへぞろぞろ行ってお終い。 ちょっと淋しいかな?
お寺でってのがいいのかしらね?

投稿: tomoko | 2011年11月20日 (日) 07時20分

素敵なロッジ泊りで、新しい経験も出来たのでは
ないでしょうか。
リンゴ狩りも楽しい思い出になったことでしょうね。

バブルのころは、我が家も山荘があった。
遠い昔を思い出した。confident

投稿: おばさん | 2011年11月19日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53281435

この記事へのトラックバック一覧です: りんご摘みにはしゃぐ:

« 昔を思ってさまよう | トップページ | 接客下手が玉に瑕 »