« 右肩下がりの寒さだが | トップページ | 思わぬ余禄 »

2011年12月22日 (木)

カンカンとおもえば

016

日本水仙の花がここ2~3日で一気に開花した。

白と黄色の二色刷り、まるで、スカートの下から覗きこんでいるようで気が引けるが、パリーはムーランルージュで見た(フレンチ)カンカン踊りだと思えば、これまた、あっけらかんとしてこれまた面白いもの、、、、、、。

                         clover

今日は冬至。日中時間が一番短い日であるが、あしたからは米一粒づつ日が長くなる太陽復活の日だと思えばまた楽しみが沸いてくる。

冬至の行事と言えば、冬至かぼちゃにゆず湯といったところか。

なんでも、かぼちゃや柚子にはカロチンとビタミンAが多く含まれているようで、これが、風邪とか中風によいと言われ古来から冬の食べ物に使われてきたそうだが、どうしてそんなことを知ったのだろうか。

そこで、とりあえずかぼちゃのポタージュを飲み、3個のゆずを入れた風呂に入って、この冬の風邪を蹴散らすことにした。

|

« 右肩下がりの寒さだが | トップページ | 思わぬ余禄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53542692

この記事へのトラックバック一覧です: カンカンとおもえば:

« 右肩下がりの寒さだが | トップページ | 思わぬ余禄 »