« 初霜初氷そして月食 | トップページ | ついていけない »

2011年12月11日 (日)

顔を真っ赤にして

006

ハナミズキの葉っぱが残りすくなくなってはいるが、まだ木に先端にしがみついている。

先端には、来春咲かせる蕾が丸くなって準備を整えているが、葉っぱのほうは顔を真っ赤にさせて「なにくそ!」と言わんばかりの形相で一日でも長く、一秒でも長くと付いている。

まるで、周りから「ここまでがんばったのだから、、、、」と優しげな言葉で引退勧告を受けているのに、現役にこだわっている○○選手のように、、、、

.

011今日は市内の「もくせい会館」で”麻機遊水地の魅力を語る”と言うテーマーの講演会があったので出かけてみた。

リレートークとかで、植物、昆虫、魚類、両生類と爬虫類、そして鳥類をそれぞれ別な講師が15分から20分の持ち時間で話をした後、パネルデスカッションをした。

一人ひとりの持ち時間が少なかったためもあって、それぞれが上っ面をなでただけの感じで消化不良というか、週に四~五回歩き回っているものにとっては、目新しいことは無かった。

ただ、昭和49年の梅雨終期におきた静岡を中心にした大雨で、市外北部から清水市にかけて浸水被害が多かったところから、この土地に大規模な遊水地を作る計画がおきていま工事中の場所である。

もともとこの土地は、沼地だったのだが、戦後の食糧増産の掛け声の下、かなりの部分を田んぼにして米を作ってきたのだが、それが、水害をつくる元になったと言うことから四工区200ヘクタールという広大な土地を遊水地に戻している。

このほか、我が家の傍に第二工区を買収して遊水地化する工事が始まっており、その面積は100ヘクタールほどにもなろうとする遊水地が近いうちに出来そうである。

これらの土地の買収金額もかなり高額なものになっているらしく、噂を聞いてびっくり、、、(ただし、あくまでも噂なので単価は控えるが、、、、)

とにかく、県はこの辺りで300ヘクタールの土地をもつ大地主になった。

|

« 初霜初氷そして月食 | トップページ | ついていけない »

コメント

ピカッとサリーさん
生涯現役と言ってもできる仕事と出来ない仕事がありますね。
サリーさんは知らないかもしれませんが、むかし、マッカーサー元帥が解任されたとき、「老兵は死なず、ただ去り行くのみ」と演説で離したものですが、去り際にも美学があり、巨人の渡辺さんみたいに老醜は避けたいものですね。

遊水地の買収金額、坪当たり16万だって。田んぼが坪で計算されるようになっては、、、
何億ももらって、億万長者がごろごろ

投稿: オラケタル | 2011年12月13日 (火) 22時02分

こんばんわ

ハナミズキの葉っぱの見事な赤さとほっぺのようでかわいいですね。
ハナミズキきれいですが掃除が大変で・・・って思いの方がつい先に出るのですが~
よくここまで確かに『しがみついて!!』いますね 笑
よく生涯現役って言いますが難しいものですよね!

遊水地そんなにお金がかかってるんですねぇ~
それより今所々で工事だらけ!!
掘っては埋め、掘っては埋めこの繰り返しも考えてほしいです。

投稿: ピカッとサリー | 2011年12月13日 (火) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53460641

この記事へのトラックバック一覧です: 顔を真っ赤にして:

« 初霜初氷そして月食 | トップページ | ついていけない »