« 鴨にされて | トップページ | 微笑みはいつまで、 »

2012年1月 5日 (木)

雀の言葉が分からない

044

通りかかる人の気配を察して、田んぼで餌をあさっていた雀がいっせいに上空の電線に舞い上がった。

遠くに逃げていかないところを見ると、まだ餌に名残があるに違いない。

その数、およそ100羽と見たが、どうだろう。こんな小さな鳥でもこれだけ数が集まると羽音もすざましいものがある。

..

昭和51年の歌だから、自分的にはそんなむかしでもないが、平成生まれが成人式を迎える、となるとやはり昔の歌か、、、。

電線にすずめが三羽止まってた

それを猟師が鉄砲で撃ってさ

煮てさ 焼いてさ 食ってさ

オットトット、、、、

電線音頭というおちゃらけの歌だったが、日曜日の午後に、伊東四郎扮するところのベンジャミン伊東と小松政夫の小松与太八左衛門がコタツの上で踊りだす歌を思い出した。

雀同士で、世間話をしながら時折下を見下ろして様子を伺っているが、残念ながら雀語が解せないため、何を言っているのかチンプンカンプン

.

今日は久しぶりで、静岡駅や新しく出来たショッピング街も含めて街中をぶらついてきた。

目的は、特に無かったのだが、最近場所が変わったバス停の確認や電話帳が紛失しているので新しく作成するため電話帳の購入と食事でもという他愛もない用事。

電話帳。最近では携帯電話などに登録するのが当たり前の時代になったため、置いてある店が少なくなり、以前は本屋にもあったので聞いてみると「無い!」の一声であっさり退散。

ようやく、何でも屋に入って、店員に二度ある場所を聞いて購入したのだが、その際レジ係の若い店員に小声の早口で○×△□、、、、と言われたが小鳥の囀りと一緒で何を言われたか理解できない。

「ん?」と首をかしげると再び同じことを言われたが、、、すると、隣の少し年かさねぇさんが、レジのテーブルにある印刷物を指差して会員になりませんかと言った。

そこで、自分は「もっとゆっくり大きな声で言ってもらわないと、年よりは耳が遠くてね、、、」と、余計な一言を入れたら最初の店員がむくれて天井を向いてしまった。

おかげで、会員になる話しもご破算。(めったに行かないので別に惜しくは無いけれど)

雀の言葉同様、人間の言葉も理解できなって、、、この先どうしよう。

何かの都合で、老人ホームに入らなくなったとしたら、、、、、

介護する人の言葉が分からなくて、しらばくれているようにとられて、叱られ続けるのだろうか。

040

バスから降りて見上げれば、、、、、、

午後の空には、小さなカラスに追い回される大きなトンビが一羽いて、、、

|

« 鴨にされて | トップページ | 微笑みはいつまで、 »

コメント

おばさま
前にもありましたね。
注文をとりに来た店員が、注文を読み上げた後、「以上でよろしかったでしょうか」とか勘定を払うとき「一万円からいただきます」
この子達は、どう思っているのかは分かりませんが、マニュアルでそう教え込む人間が居ると言うことです。
そう教える人は、案外年をとっていたりして、、、エエッ

投稿: オラケタル | 2012年1月 8日 (日) 22時32分

先日私はスーパーでな~に??と思う場面に
遭遇しました。
店内アナウスで
ご連絡します。レジをオープンしてください。
へぇ~ 職員を呼ぶのに、ご連絡??
嗚呼 頭がこんがらってきた。
はっきり言うことも大切。正しい言葉使いも大切だと
痛感します。

投稿: おばさん | 2012年1月 8日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53664788

この記事へのトラックバック一覧です: 雀の言葉が分からない:

« 鴨にされて | トップページ | 微笑みはいつまで、 »