« 獲らぬ狸の皮算用 | トップページ | ポツンポツンと »

2012年1月24日 (火)

無いじゃなし

Img_0088

富士の高嶺に降る雪も

東京永田町に降る雪も

雪に変わりは無いじゃなし

とけて流れりゃ 別なもの

昭和38年から流行したご存知”お座敷小唄”歌いやすさと軽快なリズムで、今でも宴会などで歌われている。(と思うのだけど、、、)

この歌を始めて聞いたときには「ないじゃなし」の部分に随分と引っかかったものだった。

本来なら「あるじゃなし」と歌わなければならないところなのだが、作者不明とはいえ、レコードに出す以上、制作会社のチェックが入ってもよかったのではないかと思っていた。

”ないじゃなし”とは、無い訳ではない、と言う意味で、変わりがあるのが前提となるから、降る雪は違うものと言う意味だし、”あるじゃなし”とはぜんぜん意味が違うことになり、溶けて流れれば別なものになることである。

.

昨夜来、関東地方に雪が降り、都心部の道路が踏み固められ、凍り付いて滑った人や、スリップ事故が多発している様子が映し出されていた。

皇居も白くなっている様子から、永田町周辺も同様な状態になっていたことは想像できる。

おりから、国会は今日から始まり、論戦が始まるのだが、この先どう流れていくのか、一体改革が果たして出来るのか、重要な国会であることはわかるが、議員諸氏には緊張感があまり感じられないのは、こちらの思惑で見ているからであろうか。

国会議員の定数や経費削減はどう見てもまとまる見通しは付かないような気がするし、公務員の給与削減、特殊法人の整理などもそんなに簡単に片付くのなら今まで何をしていたのかと言う気がする。結局のところ官僚の目論見どおり、消費税率のアップだけしか決まらないのではないだろうか。

つまり、打ち上げ花火はいっぱい揚げておいて、別なところに落としどころを求めているようにしか考えているような気がしてならない。

つまり、そういうことも無いじゃなし状態である。

|

« 獲らぬ狸の皮算用 | トップページ | ポツンポツンと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53813392

この記事へのトラックバック一覧です: 無いじゃなし:

« 獲らぬ狸の皮算用 | トップページ | ポツンポツンと »