« どこに飛び火するか | トップページ | 早咲きの桜も咲いたが »

2012年1月15日 (日)

柴上げ漁

018d

麻機遊水地での”柴上げ漁”が70人近くの見物客を集めて今年も行われた。

なんでも、柴上げ漁と言うのは、秋口に水の中に葉っぱの付いた木の枝などを沈めておき、寒さが厳しくなったころこの木の間に入り込んだ、鮒や鯉などを囲い込んで、中の柴を引き上げタモ網で掬い上げる漁のことで、古くはあちこちで農閑期の楽しみとして行われていたそうだ。

この風習も一時途絶えていたが、34年前に復活させ今年も行われたのだが、自分としてはこれで四回目の見物である。

毎回同じようなパターンで行われるため、会場で「おでん引換券」と「鮒汁」の券をもらったが、使うことなく遊水地をぐるっと回って帰ってきた。

.

本来なら今日が成人式で、街中を派手な衣装を着た新成人が闊歩する日である。

自分が成人式と言うことで祝ってもらったのは、1960年だった。

記念写真は集合で写した白黒のキャビネ版が一枚あるだけ、、、、いまその写真を見るに、男女ともこざっぱりとしたスーツ姿ではあるが、着物姿の女性は一人も居ない。

大学生が混じっていない成人式なので、親の援助を受けているものは無く、みんな自前で揃えた服装だったのだろう。

みんなが貧しい時代だった、、、、、、

おりから、世相は60年安保に向かって、若者は左派的発想と行動をするのが当然と言われた時代であった。

憲法や日米安全保障条約について、何か意見を持っていなくては知識を集めた。

そんな時代ながら、酒タバコに関しては鷹揚というか、二十歳の男性はほとんどたしなんでいたし、職場の新年会、山行き、忘年会などで酒を勧められ、芸者から地元の民謡に沿った太鼓のたたき方を学んでいたので、二十歳の飲酒喫煙は慣れた手つきで杯を重ねており、成人式だからと言って大騒ぎをしでかすやからは一人もおらず、、、、、。

いまから思うと、すでに成人していたような気がする。

|

« どこに飛び火するか | トップページ | 早咲きの桜も咲いたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53745315

この記事へのトラックバック一覧です: 柴上げ漁:

« どこに飛び火するか | トップページ | 早咲きの桜も咲いたが »