« 微笑みはいつまで、 | トップページ | そんなに急いでどこに行く »

2012年1月 7日 (土)

これじゃ駄目じゃん

020

七草なずな 唐土の鳥が、、、、

今日は、七日正月。むかしは、正月からこっち普段食べなれないものを沢山食べ過ぎて、胃腸が疲れているはずだからここらで繊維の多いものを食べて、腸の掃除をするとともに、そろそろ正常な生活の戻るための喝を入れる、と言った意味合いがあったことは想像できる。

自分も、昨日麻機の用水路脇からとってきた芹に、大根、蕪など、七つまでは揃えなかったが、粥にして食べた。

しばらくすると、腹持ちがいまひとつ足りなくて、餅を焼いて食べたが「これじゃ駄目じゃん」と言ったところ、、、

.

037これが絆というものさ


昨年一年を表す漢字は「絆」と言うことであったが、あまり何度も使用されると食傷気味であり、金子みすずの詩も震災直後に繰り返し放送されたときと同じような感じを受ける。

しかし、この「絆」と言う字の語源は、家畜などが逃げていかないように結んでおく紐だと聞くと、なんだか違和感がある。

自分たちが、被災された人々と持ちたいと思ったのは、苦しみ悩みを少しでも共有し、助けになればという連帯感であったはずだから、語源を考えれば、違う字になった方がよかったようにおもう。

また、人と言う字は人と人とが支えあっている字だというが、これも、どうやら大きなこじ付けのようで、本来は人を横から見た姿の象形文字から出来た字と言うそうだ。

ならば、「入る」と言う字の語源はなんだろうかとなる。これも見方によっては、支えあっているのだが、、、解説では、布や糸を染めるとき染め桶に入れることをいうとあるが、なぜこんな字になったのかの説明は見当たらないし、自分の頭ぐらいではとても見当が付かない。

と言うことで、チャカポコチャカポコと脳みそが揺れる。

おりから、静岡の労政会館で「ガレキについてしっておきたいこと」と言う講演会があるとのチラシが入っていた。

この人、環境ジャーナリストと言うことだが、ついぞ聞いたことの無い人である。

この人の趣旨は、震災被害地のゴミを焼くと放射能が飛び散り、健康を害する、と言う意見の持ち主で、各地で公演を開いているそうな。

先日も、島田市でゴミを受け入れようとする市の説明に、外部から来た人が執拗に批判をしていると言うブログを見たことがあるが、こういう人たちにかき回されると、被災地のゴミを瓦礫をどういう風に処理するかが滞ってしまう。

被災地では、何十年分のゴミ瓦礫が出ており、処理もをしなければ復興もままならない状況だと写真を見、聞いている。

このさい、絆でなしに連帯感を持って、放射能汚染をされていないゴミの処理に協力するのが本当ではなかろうかと思うのだが、、、、。

|

« 微笑みはいつまで、 | トップページ | そんなに急いでどこに行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53680214

この記事へのトラックバック一覧です: これじゃ駄目じゃん:

« 微笑みはいつまで、 | トップページ | そんなに急いでどこに行く »