« 突風は轟々と吹きすさぶ | トップページ | 少し不安そうに »

2012年2月10日 (金)

花もだけどミツバチも健気

007

今年は全般的に春が遅れている。

いつもなら、菜の花ももっと咲いているはずだが、、、、、、ところどころに黄色く咲いているだけ。

その花も、連日の冷え込みから、花びらが霜にやられたようで、いじけたような格好で咲くしかない。

そして、そんな花に一匹のミツバチが少し鈍く見える動作で蜜集めをするために掴まっていた。

どこから来たのだろうか、こんな時期には巣箱の中でじっとしているのが常のはずだが、巣箱の蜜が底をついたのだろうか。

巣箱まで花粉の匂いが届いて、我慢しきれずに出て来たのだろうか。

花を咲かせた野菜も健気なら、飛んでいたミツバチも健気なもんだ。

.

012t

この頂上に”いほはらの君”は眠る
今日は清水の河岸の市まで魚を買いに行ったついでに、前から行って見たいと思っていた三池平古墳を見に行った。

006三池平古墳は、古墳時代前期に建造された、いおはら(庵原)の君の墓であるが、詳しいことはまだ分かっていないようだ。

庵原といえば、今では清水の北側を表す言葉になっているが、この古墳が作られたころは、大井川から清水に至る広範囲を治める大王だったようで、朝鮮半島で当時高句麗、新羅、百済と分かれて争っていたころ、日本(倭国)は大化の改新で有名な中大兄皇子が百済に加担して戦ったが、そのとき、いおはらの君は万余の軍勢を引き連れて戦いに加わったとある。

当時これだけの軍勢と、朝鮮半島に渡る船を作れたと言うのは、よほど有力な大王だったに違いない。

その、大王の一人の墓であるが、芝を植えられてきれいに整備された前方後円墳は、やっと先日作られたかのように端然として座している。といった表現が合っていると思う。

もともとは、この小さな丘はみかん山だったそうだが、発掘調査の結果前方後円墳と言うことがわかって、保存されたものと聞いている。

しかし、これだけ綺麗な古墳は見たこともなく、教科書どおりといってよい。

円頂部は、柵で囲われ、墳墓を覆う石が見えていて、多分埴輪や供物を備えたであろう平らな場所からは、いまは清水の港にっている白砂青松が一望に出来たことは難くない。

これだけの場所でありながら、我々のほか誰も見に来ている人がおらず、ただ風が音を立てて吹き渡るだけ、当時の大王もしばらくぶりに目覚めたのかもしれないが、参る人も無く無聊を囲っているだろう。

|

« 突風は轟々と吹きすさぶ | トップページ | 少し不安そうに »

コメント

ピカッとサリーさん
菜の花も少なかったのですが、いたのはこの蜜蜂一匹のみ、、、
それだけに、この寒さの中どこから来たのか興味を持って、いろいろ考えてしまいました。
お腹がすいたのか、働き蜂の名のとおりじっとしていられなかったのかなど、とね、、、

三池平古墳は、いま工事中の清水ジャンクションそば、スポーツトレーニングセンタ入り口の右手にあります。
天気がよかったら、古墳の上の登り、前方の芝の上で清水港の方を見ながらお弁当でもどうぞ

投稿: オラケタル | 2012年2月11日 (土) 16時15分

TOMOKOさま
写真の花びらをよく見てください、霜にやられて縮れているのがわかると思います。
去年の写真に比べると、今年はかなり遅いことがよく分かります。
遅く咲くから、遅くまで咲いている保証は無く、今年は菜の花の時期が極端に短いかもしれませんね。

大化の改新のころはまだ日本が中央集権化していなくて、それを律令政治に持っていくため中大兄皇子と藤原鎌足がクーデターを起こしたのですが、そのころは岡山県付近にも有力な大王がいたことは確かです。
調べてみると古墳時代にもまた魅力が出てきます。

投稿: オラケタル | 2012年2月11日 (土) 16時05分

おばさま
清水にはいくつも古墳があって、国道沿いに農協本部の向いの山も古墳の一つです。
しかし、トレーニングセンターの入り口にあるこの古墳はやっと10年ほど前に発見されたばかりの新しいもので、整備が完了したのはやっと2~3年前のことです。
ぜひ行ってみてください。
ちなみに、最近よく行く海鮮料理は旧一号線沿いの「榊屋」と言うところです。
私が、地盤が悪いと判定した場所は下を走る道路より川縁の地面で、ここは、岩盤のようでありながら意外ともろい地層で、いま工事中の現場は東京の業者が調べたところです。

投稿: オラケタル | 2012年2月11日 (土) 15時54分

こんにちは

菜の花に群ごうミツバチかなぁ~^^
陽射しの中は春は遅いといってもあったかですものねぇ~~
三池平古墳って所全然知りませんでした。
こんなに綺麗に整備されているんですね♪
いおはらの君素敵な名前ですね
中大兄皇子の時代ならば藤原鎌足とか・・・
いろいろと醜い争いもあった時代(失礼)sweat01

でもその時代にしてこれほどまでの古墳を築いたってことは中々の大王だったんでしょうね!!
一度見てきます☆彡

投稿: ピカッとサリー | 2012年2月11日 (土) 15時07分

そちらは、もう春が来たのか!
そう思わせる写真が目に飛び込んできました。この寒さ続きのなか、ほっと感じる色合いですね。

綺麗で明るく広々した古墳ですね!
私、この手の物にはあまり興味を示さないのですけれど、岡山の備中辺りでたまたま古墳に出会ったことがあります。
雑木林の中って感じで、あまりに印象が異なるので驚きました。勢力の大きさの違いが、後の世の扱いにも出ているのでしょうね。

投稿: tomoko | 2012年2月11日 (土) 07時23分

三池平古墳・・・・知りませんでした。
清水の魚河岸に買い物に行きますよ、私も。
ついでにお寿司を食べてきます。
庵原の君の墓ですか。
私のすむ町は、合併前は庵原郡でしたが、
きっとなにか関係あったんでしょうね。
調べてみる必要あり。

楽座の駐車場はただ今 立体に作り直されています。

投稿: おばさん | 2012年2月10日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53950303

この記事へのトラックバック一覧です: 花もだけどミツバチも健気:

« 突風は轟々と吹きすさぶ | トップページ | 少し不安そうに »