« いっせいに微笑む | トップページ | あぶくと消えて »

2012年2月13日 (月)

より から 考

Img_0010

”真富士の里”の駐車場脇でカケスを見た。

中学生のときこの鳥を飼っていたことがあるのでつい懐かしいと言うような気持ちでその行動を見入ってしまった。

カケスのほうも見られていることを承知のうえで、落ち葉の中をあれこれと丹念につついては歩き回っていたが、目当てのどんぐりを見つけて飛び去った。

その後を、足でかき混ぜてみたが、ほかのどんぐりは出てこなかったので、闇雲に探し回って見つけたものか、去年のうちに隠しておいた保存食だったのかは分からないが、この鳥なら隠しておいた可能性は充分にあると思う。

飛騨では、この鳥を指してカセッパとかカシッパとか言う。その地声は「ガーシー ガーシ」と言う調子で、お世辞にも綺麗とは言えなかったが、その鳴き声から名づけた名前なのではなかろうかと今でも思っている。。

この鳥は鳩より一回り小さくて、ヒヨドリくらいの大きさで、雛のうちに山から獲って来て餌付けすると、(今では鳥獣保護の観点から出来ないことだが、、人の言葉や鶏の鳴きまねをするようになった。

.

今日の夕刊を見ていたら、「、、四月からより厳しく、、」という見出しを見て、初めての会社の入社教育を思い出した。

この会社の入社教育で今でも覚えているのは、電話の応対と「より、から」の使い方で、とくに「より から」は今でも気になる言葉の一つである。

この会社の文章は、「より」は比較するときに使い「から」は経過を意味するときに使うと言うことだった。

「より」と言う言葉は、AよりBのほうが遠い」という比較の意味で使うもので、天気予報で「北よりの風がふきます」と言う場合は「北からの風が吹きます」でないと意味が通じにくいという。

北よりと言うのは北に寄っていると言う意味もあり混同する。また、大阪より東京と言う場合も「大阪から東京に行きます」と言うのが明確な言葉であると言う。

立て看板に「二月十三日より」とあればなんとなく察することが出来るが、明確に言えば二月十三日から、と言うのが本当ではなかろうか。

しかし、「より」と言う言葉方が最近は多用される傾向が多くなってきているが、この原因はなぜなのだろうか。周りの人に聞いても分からないと言う。しかし、どうも「より」といったほうが上品と捉えることが多いそうで、明確な言葉を嫌う最近の傾向と合致しているのかもしれない。

新聞記事も意識して書いたのかも知れないが、「四月よりより厳しく、、」では、よりより難しくなってしまう、、、

三つ子の魂では無いが、十代の青年の脳みそにこの言葉はストン!と落ち着き、以後はこういう言葉遣いが出来ない人を、、、、見てしまう傾向にある。

箸の使い方を含めて、小さなひっかりだけど、こんな目で見ている人もいるんだよ。

|

« いっせいに微笑む | トップページ | あぶくと消えて »

コメント

おばさま
あまり褒めないでください、”豚もおだれりゃ木に登る”といいますから、、、

敬語の使い方は難しいことで、NHKでさえ社内の別のアナウンサーに”さん”を付けで言っていたことがありましたから、、
しかし、気になるんですよね。
レジばかりでなく、多分マニュアルと言うものにのっとって話しているんでしょうね、作った人の顔が見たい。
「こちら、○○ラーメンになります。」なんて、一体どこを押したら出てくるのって、、、

投稿: オラケタル | 2012年2月14日 (火) 22時06分

先日近くのスーパーに行ったとき。
店内放送あり「ご連絡します。レジお願いします」
ええ~同僚に連絡するのに、ご連絡?????
それはないだろう・・・と私。
普段愚息に言葉使いを注意されている私。
オラケタル様の文は本当に素晴らしい。
いつも感心ばかり。
それに政治へのコメントが小気味よいです。
ファンです。楽しいです。同じように思っていても
なかなか文に出来ません。

投稿: おばさん | 2012年2月14日 (火) 20時52分

tomokosさま
若いときに教えられたことは、何時までも残るものですね。この年になるとすぐに忘れると思うのですが、、、
この「より」と「から」もこの会社でそう言われなければ、今でも気にしないでいられたのかもしれません。
なまじっか、「そうなんだ」と納得したばかりに、この区別が出来ない天気予報など聞くと、引っかかってしまうのは、国語的にはどうなのか知りませんので、好し悪しの面もあります。

投稿: オラケタル | 2012年2月14日 (火) 17時14分

より と、からの使い分けがはっきりしました。
”北よりの風”等にどう理解したらよいのか? 時々
疑問に感じることはありましたが、あまり深く考えていませんでした。
オラケタルさんの文章が素晴らしいと感じる中には、そういったきちんとした知識があるからなのですね!
若い時に頭に入った知識は凄いですね!

投稿: tomoko | 2012年2月14日 (火) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53975913

この記事へのトラックバック一覧です: より から 考:

« いっせいに微笑む | トップページ | あぶくと消えて »