« 出だしから間違っていた | トップページ | 花から鼻へと »

2012年3月20日 (火)

暑さ寒さも彼岸まで

028

見た目では区別の付きにくい杏の花
今日は彼岸の中日。

暑さ寒さも彼岸まで、と昔から言われてきたが、賤機丘陵の尾根を歩いて帰ってくれば、下着が汗でビッチョリと肌にへばりつき気持ちが悪いくらいであった。

静岡の挨拶のひとつに「今日はいいですね」と言うのがある。冬の間は暖かい日差しのある日を言っていたが、これからは、、、、

そんななか、雪国並みに春がいっぺんに訪れ、緋寒桜、河津桜、大島桜に加え、桃と杏の花までいっせいに花咲かせている。

021地面には、柔らかいハコベにも、白い花が咲き、島崎藤村ではないが「敷くによしなし」といった状態で広がっている。

.

18日川根本町で町長と議会に対する解散請求のリコール投票が行われ、どちらもわずかな差で否決された。

人口が八千人ほどしかいない山あいの小さな町では町長はもとよりであろうが、町議会議員はほとんど地区の推薦と言う名のボス政治で決まっているくらい、地縁、血縁がつよく、それを跳ね返すのが難しい地域でリコール投票にまで発展するのは余程のことだったに違いない。

もともとは、町内すべてに光ファイバー網を整備することにあったが、町の予算から言って費用対効果が疑問視され、アンケートで四割の人が反対していたことを、町長や町議会が無視したことに始まっている。

いま、国でも消費税の引き上げについて、与党内でさえ混乱をきたしていた、国会に提出しても通過する見込みは今のところまずないように見える。(自分のことしか考えていない議員さんたちだからどこでどう変わるか分からないが、、、)

国の経済情勢から見れば、幾分上げるにはやぶさかでないと言う国民も増えているのであるが、今の内閣は財務省の操り人形の態をなして国民に充分な説をしているとは言いがたいし、自らの身を切るという部分を置き去りにしている。

川根本町同様、国会でも国民投票でリコールできるものなら、26%ほどしか支持率のない政権は確実にリコールされてしまうことは確実であろう。

.

|

« 出だしから間違っていた | トップページ | 花から鼻へと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54269675

この記事へのトラックバック一覧です: 暑さ寒さも彼岸まで:

« 出だしから間違っていた | トップページ | 花から鼻へと »