« カラスとスズメの間 | トップページ | 桜前線 尾根に向かって上昇中 »

2012年4月16日 (月)

いずれが、、、、

003

002「いずれが菖蒲か杜若」美人を前にしてコンテストなどで誰かを選べと言われたときに言う言葉だが、見分けにくいものの代表であろう。

この写真を写した当座は、”一初”のつもりで写していた。

これらの仲間では一番早く咲く花で、杜若(カキツバタ)のように水辺を好む草ではないと言うところからであった。

しかし、よく見ると、一初の特徴である花びらの中側にもじゃもじゃとした細かい毛のような房がないし、花びらの中央にスーッとした黄色い線状の模様が入っている。

それで,

ほかの花の特徴を見たら、ダッチ(オランダ)アイリスに行きついた。

しかし、ダッチアイリスもジャーマンアイリスも濃い紫から黄色まで、いろいろな色があるため、本当にダッチアイリスどうかはまだ確信できていない。

菖蒲、杜若、花ショウブ、一初と日本の品種さえ区別が付かないのに、園芸品種になると、品種改良という名のもとわけを分からなくしてしまっている。

.

そういえば、政治の世界も、民主、自民と言っても境目がなく混沌として区別が付かない。政党ばかりでなく、代議士個人を見ても、昨日言ってたことと今日言うことが違い、いずれが本心か区別が付かない。

せめて、菖蒲と杜若が乾燥してた土地か水辺なのかぐらいの区別があれば見分けるときのよすがになるのだが、、、、、、、

これも、園芸品種化してしまったのだろうか。

|

« カラスとスズメの間 | トップページ | 桜前線 尾根に向かって上昇中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54488494

この記事へのトラックバック一覧です: いずれが、、、、:

« カラスとスズメの間 | トップページ | 桜前線 尾根に向かって上昇中 »