« 白いドレスの踊り子 | トップページ | ムラサキシキミだった »

2012年5月31日 (木)

しつっこい

012

ムシトリナデシコの花が群生して、一面マッカッカ、、

一本一本は可憐な花だが、これだけ密集するとうざったくなってしまう。

ムシトリナデシコ、花の下の茎に茶色く粘り気のある液体が付いているところから名づけられたそうだが、この粘液は虫を消化するためでなく、蟻など受粉に関係のない虫を上に揚がらせないためのものだそうだ。

つまり、虫によって差別していることになり、一種の会員制バーみたいなものだろうか。花が、客種を選ぶというのは珍しいことである。

花言葉に”未練、しつっこさ”などがあるというが、時によっては川原中赤く染めるほど繁殖するのを見ていると、、、くどく感じるところから名づけられたように思ってしまった。

.

最近のテレビを見ていると、コマーシャルの多さに嫌になってしまい、画面を消してしまうことが良くある。

それも、入れ替わり立ち代りに出すのならともかく、同じ画面を繰り返し繰り返ししつっこく映し出す。

そのため、出てくる俳優まで嫌になって、最近では、栄養食品や保険のコマーシャルにこれでもか出ている船越英二や地位武雄など本来好感がもたれているところから採用になったらしい俳優が出演しているドラマまで見たくなってしまった。

コマーシャルに出演しているこれらタレントが、本当に効果があると確信してのことだろうか。もし出演料だけに出ているとしたら、本業のほうにも差しさわりが出てくるように思うのだが、、、、、

とにかく  しつっこい!  のは嫌

|

« 白いドレスの踊り子 | トップページ | ムラサキシキミだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54845131

この記事へのトラックバック一覧です: しつっこい:

« 白いドレスの踊り子 | トップページ | ムラサキシキミだった »