« 柳の川で泳ぐ鯉 | トップページ | 気持ちは若くても »

2012年5月 6日 (日)

雷とともに雹が

017

それは雷とともに突然やってきた。

午後二時半を過ぎた頃、遠い雷とともに激しい大粒の雨が降ってきた。

021予感としては、雹が降るのではないかと窓を開けて外を見ていたら、期待にそぐわずバラバラバラッと激しくトタンをたたく音。それ来たっとばかりに傘をさして外に出る。

傘に手ごたえを感じるほどの手ごたえがあり、直径5mm前後の氷の塊が芝の上に転がった。

時間にして5分も降っただろうか、再び雷が鳴ったかと思うと一気に日が差し、降雹もおさまった。

雷に始まって雷に終わった。この程度ならこの辺りでは農作物に被害が出るほどでもなさそうだ。

それにしても、今回のはしゃぎようはすっかり静岡人並みになってしまった、、、これも歳のせい?。

.

夕方のテレビでは、北関東方面が竜巻による被害がかなりでていると報じていた。

これも、北からの冷たい寒気のため起きた現象だとのこと、今日の降雹は自分たちのところだけに起きた気象だと思っていたが、テレビの画面を見ると屋根瓦が飛び、自動車がひっくり返されるなどかなりすざましい猛威を振るったようで、死者まで出ている。

なんだか、少しぐらいの雹を見てはしゃいでいたのが不謹慎なように感じられてしまった。    

|

« 柳の川で泳ぐ鯉 | トップページ | 気持ちは若くても »

コメント

おばさま
ここしばらく天候が安定しませんね。
毎日午後から雨が降るというのは、夏の夕立であり、これも地球温暖化のせい?なんて思ってしまいますが、穏やかでこよみどおりいくのが以上だと言うことでしょうか。
むかしは、地震、雷、火事親父と言っていましたが、親父の権威失墜で親父の代わり竜巻が入りそうですね。

投稿: オラケタル | 2012年5月10日 (木) 22時18分

富士市でも一部 雹が降ったところがあったとか。
まあ それにしてもつくばは大変な竜巻に見舞われ
大変だったと思います。亡くなった中学生はお気の毒で
言葉がありません。自然は優しく美しくもありますが
反面大変怖いのも自然ですね。

投稿: おばさん | 2012年5月 9日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54645846

この記事へのトラックバック一覧です: 雷とともに雹が:

« 柳の川で泳ぐ鯉 | トップページ | 気持ちは若くても »