« 雨上がりの麻機沼 | トップページ | 柳の川で泳ぐ鯉 »

2012年5月 4日 (金)

新緑の茶畑に吹く風

009

ここ二日続いた雨模様から一変した青空に誘われ、掛川まで出かけてみた。

家を出てすぐに気が付いたのは、毎日が休みの我々が出てくる日ではなかったということ、、、、

掛川に通じるバイパス。その至る所で渋滞が発生しており、幹線道路ばかりでなく細い道まで車だらけだった。

それでもどうやら掛川まで行って、新茶を手に入れ、帰りはそれこそ江戸時代の東海道の一部を使ってみた。

020z_2


写真は、遠州七不思議のひとつとして有名な”夜泣き石”がある、小夜の中山から見た粟ヶ岳。標高532mの山頂近くに「茶」の一文字が入った山で、桜見物に何度か行った山。

その山を見ながら、折からの強い風で近くの茶畑の新芽がなびくさまを見ると気分がすっきりするように思われ、しばし、車から降りて景色を楽しんだ。

そして、菊川から牧の原に昇り、下って金谷、、、、、大名行列が「したに~ したに~」と歩いていた当時を想像して回ってみたが、金谷からこっちは旧東海道も定かでないため、国道一号を信号のたびごとに止まりながらの帰宅となった。

途中、瀬戸川の側にある「ながいけ」と言う蕎麦屋に立ち寄ってみたが、ここもえらい混雑。

しばらく待たされて、”笊かも南蛮?”を注文して食べた。

味は甘味が少なく、蕎麦の腰もあってよかったが、店員に「この混み具合はいつもですか?連休のせいですか?」ときいてみたところ、「テレビで放映されたからこっち、づ~っとです。」とのこと。

うわぁ ここもテレビ公害か!と驚いてしまった。

店には四テーブル、20人ほどが定員なのと、道が複雑で狭いため観光バスが来ることがないとは思うものの、味が落ちるのでないかと一瞬危惧してしまった。

テレビで放映された影響は、しばらく続くかもしれないが、何とか店の人たちが舞い上がらないよう頑張ってもらいたいものだ。

|

« 雨上がりの麻機沼 | トップページ | 柳の川で泳ぐ鯉 »

コメント

よしこさま
三遠南信道を利用されましたか、鳳来町まで開通したそうですね、、、、
一度使ってみたい気がしますが、帰る時間が短縮されたでしょうか。(帰省渋滞に巻き込まれては本当のところ分からないでしょうけれど、、)
もう少し延長しないと効果は出ないでしょう。しかし、いつ全線開通となりますやら
わたしは、今日、静岡のサービスエリアに入ってみましたが、こちらも清水同様雑然とした感じでよくなかったです。友達夫婦も言っていましたが、富士川楽座のほうがよほどよい、と、、、

投稿: オラケタル | 2012年5月 5日 (土) 21時37分

短期間でしたが、久しぶりに南信に行ってきました。初めて第2東名と、三遠信自動車道を使いました。第2東名は袋井あたりから、何も動かず、引佐から三遠信自動車道に入ると車はほとんど見当たらなかったのですが、151号沿いの道の駅等はやはり車と人であふれていました。田舎の普段車とすれ違う事もないような道も、帰省の車で(間違っても観光ではない)渋滞(すれ違いの出来ない道だから)しました。帰りは第2東名の丁度流れている区間を走ったので、渋滞には巻き込まれなかったものの、サービスエリアに入る長い列が出来ていました。今まで行きにくかった、安倍奥や掛川の奥、浜北には行きやすくなって、だいぶ賑わったようですね。第2東名は出来ても、一般道は手つかずになっていますから、ただでさえ狭い道が、つかえてしまいますね。

投稿: よしこ | 2012年5月 5日 (土) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54631629

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の茶畑に吹く風:

« 雨上がりの麻機沼 | トップページ | 柳の川で泳ぐ鯉 »