« 緑に赤い帽子が映えて | トップページ | 愛の絆 »

2012年5月12日 (土)

白花夕化粧とでも

002

068左が本来の赤花夕化粧


今では全国的に繁茂している赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)

しかし、これが?ってのが発生する。

まだ、めったに見られないので、突然変異なのであろうが、これも数が増えれば、白花夕化粧と別種として認められるかもしれない。

なにごとも、”継続は力なり” 種を飛ばして子孫を増やせ

.

八十四歳になる従兄弟が亡くなった。それも三月中に、、、、ちょうど寒い時期だったらしく、「遠いところから葬式に来た人が風邪をひいたら困るので内内だけで済ませてほしい。」と言うのが遺言だったそうで、やっと一昨日になって四十九日の法事をするといって連絡が来た。

なくなる間際まで意識がはっきりしていたのだろうが、そこまで配慮する必要はなかっただろう。

最後に会ったのは、その人の姉が亡くなった時だったので三年前だった。

その連絡が来た夜は、床に入ってもあれこれと思い出が浮かび上がり、寝つきが悪かった。

明日の法事を控えて、これから東名をくだり安城にむかう。

|

« 緑に赤い帽子が映えて | トップページ | 愛の絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54686944

この記事へのトラックバック一覧です: 白花夕化粧とでも:

« 緑に赤い帽子が映えて | トップページ | 愛の絆 »