« 大荒れの一夜が明けて | トップページ | しつっこい »

2012年5月30日 (水)

白いドレスの踊り子

009

014この花は何の花?  白いドレスを広げた踊り子のような小さい花。

いわゆるプティットフールである。

じつはこの花、ドクダミの花で、隣町の大岩、バイパス下の斜面に咲いている野生の花である。

花言葉は、「白い追憶」と、なにやら懐かしい響きの意味を持たせているが、北海道土産にもこんな言葉の菓子があったのは、まさかこれから採ったわけではないと思うのだが、、、、

薬になる野草といえば、まず、ゲンノショウコ(現の証拠)にドクダミ(毒痛み)が上げられるが、ドクダミは臭いのきつさから一度覚えたら忘れない草であろう。

繁殖力の強さから、抜いても抜いても絶えることがなく、一度生えたら庭のどこかで今頃になると、白い十字の花を咲かせているのを見かける。

この草は、今でこそ臭いが手についても気にも掛けないどころか、嫌な臭いでなくなっているが、子供の頃は神経質なほどこの臭いを嫌って砂や泥、水で洗ったものだった。

|

« 大荒れの一夜が明けて | トップページ | しつっこい »

コメント

ピカッとサリーさん
ドクダミ茶、私もいま作って飲んでいます。
なんだか下手な栄養剤よりは効いているように思いますよ。
しかし、子供のとき、あれほど嫌った臭いが苦にならないどころか、今では懐かしささえ覚える香りになったのはどうしてでしょうか。  納豆もそうですが。

八重のドクダミ。実はこの白い花びらのようなものは花を包む”苞”だ、そうで、本当の花は上のほうにある黄色い部分だそうですが、どう見ても花びらみたいですし、そのほうが物語になると思うのですが、、、、、。

投稿: オラケタル | 2012年5月31日 (木) 22時10分

お久しぶりです♪

大岩のバイパスの下ですか??
素敵な花のひだですね!!

ドクダミは、乾燥させてよく飲まされました。
嫌な味だった・・・
匂いは漢方の匂いで覚えています。

でもこのドクダミ一輪切って小さな瓶に生け冷蔵庫に入れておくと消臭効果もあるとのことでやったことがありますが~~~
あったのかなかたのかわかりませんでした。(笑)

投稿: ピカッとサリー | 2012年5月31日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54837284

この記事へのトラックバック一覧です: 白いドレスの踊り子:

« 大荒れの一夜が明けて | トップページ | しつっこい »