« 新緑の茶畑に吹く風 | トップページ | 雷とともに雹が »

2012年5月 5日 (土)

柳の川で泳ぐ鯉

068

ひさしぶり、新緑の柳を川に見立てて鯉のぼりは泳ぐ


#屋根より高いこいのぼり、、、と歌った頃(昭和20年代)は、どこの家も貧乏で鯉のぼりなど上がっている家はどこにもなかった。

その後、少しは上がるようになったものの、住宅事情で大きな鯉を泳がせる家は、大きな庭を持つ農家ぐらいになり、その農家も過疎化とともに子供がいなくなり上げる家も少なくなった。

しかし、少し余裕が出来た昭和の末期に上げられた、大きな鯉のぼりは、子供の成長とともに、押入れの奥深く舞い込まれた末、永の眠りにつくかと思ったが、観光名所にと町などに寄付され、河川敷などに目刺しのように列を成してぶら下げられることになった。

064_2久しぶりに、大空を泳ぐことになった鯉のぼり、張り切って大暴れし隣の鯉のぼりといさかいを起こし、絡み合ってにっちもさっちも行かなくなってしまった。

こんなことなら暴れるんじゃなかった。と後悔し、今度はおとなしくぶら下がってみたものの、、、、、、、  やっぱり我慢が出来なくて

|

« 新緑の茶畑に吹く風 | トップページ | 雷とともに雹が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54640081

この記事へのトラックバック一覧です: 柳の川で泳ぐ鯉:

« 新緑の茶畑に吹く風 | トップページ | 雷とともに雹が »