« 踊るダイサギ | トップページ | 雨の名残を残して »

2012年6月15日 (金)

類は友を呼ぶ

019

021カワラナデシコがの花、花びらの裾を乱して舞い踊る。

カワラナデシコは別名をヤマトナデシコというのは、中国から古い時代に入ってきた石竹を唐撫子といったのに対して付けられたようで、清少納言も「草の花はなでしこ 唐のはさらなり 大和のもいとめでたし」と書いている。

古来から日本人に愛されてきた花でいろいろな句が残り、江戸時代になるとこの花も園芸用にいろいろ改良(?)されて、花合わせ(品評会)も開かれていたことが記されている。

しかし、このところ、サッカーの女子選手にお株を奪われたのかあまり見る機会が少なくなったのは、日当たりの良い草原に咲いていた花で、以前は頻繁に草刈されていた生息場所が、草刈もなくなり他の雑草の繁殖力に追い出されたためだとある。

人間の、自然利用が植物に大きな影響を与えている一例かもしれないが、ナデシコジャパンも他の競技が隆盛になれば、、、、、、、、、

.

017”類は友を呼ぶ”ということわざがある。

友達として付き合うには、自分と同じ程度の人と付き合うのが、気楽と言うか居心地が良い。

よく「うちの子が悪いのは、あの人と付き合っているから」と言うお母さんがいるが、自分の子のことは分かっているようで、分かっていないことに原因する。

親の欲目、と言うやつでみるため、贔屓の引き倒し、点数が甘いのだろう。

麻機の一角に写真のように地主が怒り狂っている場所がある。

いつの頃農地の区画整理が済んだのか知らないが、ほぼきちんと東西南北 十文字に区切られた道路の両側に田んぼがあり、その間に盛り土された畑がある。

そして、この場所は通りに面した畑であるが、ここ何年来、いろいろなものが捨てられ、その始末をどうしているのか、、、、噂を聞いているが確実ではないので

そこで、”類は友を呼ぶ”式に考えてみると、もともと、地主がこの場所を汚くしていたことにあるのではないかと、、、、

たしかに、このゴミを退けてみても、ここで、いろいろなものを燃やして捨てていたようで、地面が燃え残りや灰で汚れているし、トタンなども乱雑においてある。

捨てに来る人は、ゴミを捨てるにはゴミの中にみたいな気持ちなのか、嫌がらせか、、、、、、、いずれにしろ、ゴミがゴミを呼んでいるように見えるのだが、、、、

.

.

今日はを境に本格的梅雨入りとなり、台風も合わせてくるような報道に、ビールと少しのつまみを持ち寄って、近所(大岩)の小山に登る。

バイパスを走る自動車を眺めおろし、涼しい木陰を見つけて語れば昼の酒は心地よく身に染み込む、、、、

類は友を呼ぶ、午前中から酒を飲む老人の程度は如何ほどか

|

« 踊るダイサギ | トップページ | 雨の名残を残して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/54966291

この記事へのトラックバック一覧です: 類は友を呼ぶ:

« 踊るダイサギ | トップページ | 雨の名残を残して »