« 火を吹くか 眼が光るかと | トップページ | 純白のオオヤマフスマ »

2012年6月29日 (金)

女神湖の朝

096
淡い霧の向こうに咲くレンゲツツジ

空一面に雲のかかった朝は夜が明けたのだが薄暗い。

二十七日に止まった宿を出て女神湖一周の散歩に出かけた。

標高2500mほどの蓼科山も見えることから雲はさらにその上、、、

六月のこの時期は、蓮華躑躅が真っ盛りとはずだが、この池の周りには特に大きいものが見当たらず、といって、夏の高山植物の花にはまだ早いようで少しさびしい景色の展開になった。

池には、温度の差にともなって発生する薄い霧がただよい、半そでの服では肌寒い心地がする。


112
136



ひだり、露を宿して九厘草  みぎ、泡盛草



ほぼ一周した地点で、息吹虎の尾、九厘草 アワモリショウマなどがようやく見つかり、出てきた甲斐があったとほっとする。

|

« 火を吹くか 眼が光るかと | トップページ | 純白のオオヤマフスマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/55080168

この記事へのトラックバック一覧です: 女神湖の朝:

« 火を吹くか 眼が光るかと | トップページ | 純白のオオヤマフスマ »