« 憧れのトンボだった | トップページ | 少し小ぶりでキツネノカミソリ »

2012年8月19日 (日)

藪茗荷にアブが

020

015藪茗荷は写しにくい花である。

薄暗く、地面に水分の多い木の下などを好むため、つい露出時間がかかって手振れを起こしたり、シャッタースピードが短くて薄ぼんやりとしたりで、きれいな写真になりにくい。

そして今回も、やはり満足のできるものにはならなかった。

この花、葉っぱが茗荷に似ているため”藪茗荷”と名乗っているが、本物の茗荷は生姜の仲間に分類されるのに対して、藪茗荷はツユクサの仲間だという。

今日も、道脇の藪茗荷を、あちこち透かしたり見下ろしたりしていたら、ヒラタアブが一匹近寄ってきてどの花に掴まろうかと、近寄ったり離れたりを繰り返していた。

ヒラタアブについては、いくつもの種類がいるが、この際はすべてをふくめて、、

|

« 憧れのトンボだった | トップページ | 少し小ぶりでキツネノカミソリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/55461807

この記事へのトラックバック一覧です: 藪茗荷にアブが:

« 憧れのトンボだった | トップページ | 少し小ぶりでキツネノカミソリ »