« 「ほら 見て見て」って | トップページ | パラリンピックによせて »

2012年9月 2日 (日)

別世界を見る思い

011

007
雨上がりの水溜りに写りこむ世界を覗く

珍しく雨の音で目が覚めた。

時間は五時を少し過ぎていたが、東の空が赤く染まっている。

左、雨の向こうに朝焼けが

天気雨になるのなら、虹でも懸かっているかも、、、と、外に出れば、傘が必要かどうかの境目くらいの降りかた、、、

残念ながら、虹はどこにも見えなかった。ただ水溜りに空の雲が写りこみ、なんだか別の世界を覗き込んでいるような心地がした。

.

.

先日、藤枝へ青物買い行ったついでに、側の日帰り温泉に浸かって来た。

平日だったので、ほとんどがお年寄りばかり、その中に紛れ込んで違和感がないところをみると、当方も立派なお年寄りの仲間。

風呂に入っていたら、肘に新しい絆創膏(?)をはった八十代と思しき老人が隣に入ってきたので、「その絆創膏は、、?」って聞いてみたら「そこで転んで、、」と洗い場を指差していう。

「骨に異常が無くてよかったね」と言ったものの、足腰の定かでないこの人は、何時間か前に入って転び、手当てをしてまた入ってきたものらしい。

いくら身体に良いからと言って、転んで大怪我をしては元も子もないし、施設も大変だろう。

.

風呂から上がって、控え室でお昼の注文をしていたら、今度は別の年寄りが、「床に水がこぼれているから早く拭け」と騒いでいる。

そんな光景を見ていたら、まだ行ったことのない老人ホームやケア施設に入ると「こんな状態のかなぁ~」と思ってしまった。

歳をとると、どうしても堪え性がなくなり、気短く、わがままになってしまうものだが、これに、ボケが加わればもっとひどいことになり、それこそ”喧嘩の種はつきまじ”ということになる。

何とか、こういう施設の厄介にならなくて済むようにしたいとつくづく思ってしまった日帰り温泉だった。

|

« 「ほら 見て見て」って | トップページ | パラリンピックによせて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/55563714

この記事へのトラックバック一覧です: 別世界を見る思い:

« 「ほら 見て見て」って | トップページ | パラリンピックによせて »