« 韮のカフェは大はやり | トップページ | 悲しい悪魔の花 »

2012年9月 9日 (日)

早く起きた朝は

031

今朝も早く起きてしまった。

熱帯夜には間違いないが、何よりも湿気がきつくて床にいられなかったことが原因である。

外はまだ星がのこり、下弦の半月は雲の無い中天に懸かる。

麻機の沼を一周するころになって、ようやく空を赤く染めて日が昇る気配を示してきた。

しばし日の出を待っていると、少なくはなったがトンボが岸辺のイヌビエの穂先に掴まる。

水面を渡る風に揺れる穂先は安定しないのか、羽根を微妙に動かしながら赤く染まる水に溶け込もうとするかのようにカメラの焦点をずらし正体を隠そうとする

赤く染まった目はなにを見ようとしているのか

|

« 韮のカフェは大はやり | トップページ | 悲しい悪魔の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/55618535

この記事へのトラックバック一覧です: 早く起きた朝は:

« 韮のカフェは大はやり | トップページ | 悲しい悪魔の花 »