« 冬の寒さを前にして | トップページ | 恒例のりんご狩り »

2012年11月15日 (木)

空に溶け込もうと

007

気圧の谷と寒気が通過中とかで、山陰 北陸と日本海側がかなり荒れ初雪に見舞われたところもあるようだ。

その一方で、こちら静岡は少し風があるものの小春日和そのもので穏やかに晴れ上がっている。

近所の庭の皇帝ダリヤも背丈を伸ばし、青空に溶け込もうと花びらをひらめかせているかのように見えるが、なにせ、色が薄紫ではいまひとつ受け入れてもらえないようだ。

.

.掘ったドー!

004


あしたは、自分の兄弟夫婦が毎年恒例にしている長野へりんご狩りに出かける日。

そのため、長野に住む義兄弟や親戚に持っていく土産を今年は蓮根にしようと、掘りに出かけた。

蓮根畑は、時折降る雨のため水浸しなので、まず掘りにかかる場所に堤防を作り周りから水が入らないようにして掘りはじめた。

泥と格闘すること二時間半。長さ1,7mクラスの長いものを含めて八本ばかり掘り出す。

まさに 「掘った ドー!」 と言わんばかりの充実感。

026左の写真は同じ地区の蓮根畑で、自分たちではない

”仕事”というもの傍から見るより大変なものであるが、それを大変そうに見せないのがプロと言うもの、、と聞いたことがある。

静岡の蓮根掘りは、道具をほとんど使わず手で泥を30から40センチほど掘り起こして地中に埋まっている根を探り当てて掘り出すので、一寸見には畑の土を全て移動させることにもなり、見ている分には大変な仕事に見えるもの、、、。

しかし、案外泥遊びが性あっているのか、どれだけ掘らなければならないと言う決まりも無く面白半分でやっているためか、、、、、、、、

苦にならないでいる。

|

« 冬の寒さを前にして | トップページ | 恒例のりんご狩り »

コメント

おばさま
なんだか今の政治家に信頼のおける人は静岡県内外を含めて一人もいません。
民主党はもちろんですが、自民党は昔の失敗を全然反省していませんし、太陽の党は昔の名前で出ていますという人と、バスに乗り遅れまいと言う人が「大同」でまとまろうと言いますが、そんなのは当選するまでのこと、、、
公明党には学会嫌いが災いして入れたくないし、、、、、あとの小政党は、、、、、、、
いまのところ、白紙投票かなという気でいます。
またそのうち心境の変化がありますかも、、、、

投稿: オラケタル | 2012年11月20日 (火) 08時28分

【秋風 蕭蕭として 人を秋殺す】
中国の古い詩だと主人が教えてくれました。
秋風はまさに解散風でしょうか。
民主党議員の胸のうちでしょうか。
決められない政治はいら立ちを感じるが、良く決めて
程よく立ち止まる。そんな熟思の政党が良いと思いますが
改めてあの解散宣言はなんだったろう・・・・
単なる「野田おろし」を絶つ狙いだったでしょうか。
是非オラケタル様のご意見を伺いたいものです。
来月16日を待つことにします。
一票の重みを感じ、神経を研ぎ澄まして。


投稿: おばさん | 2012年11月16日 (金) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/56119040

この記事へのトラックバック一覧です: 空に溶け込もうと:

« 冬の寒さを前にして | トップページ | 恒例のりんご狩り »