« 熟女好き? | トップページ | まだ匂わぬ »

2013年2月24日 (日)

春霞なら良いのだが

018


久しぶりに静岡の地名発祥地である賎機山(シズハタヤマ)の尾根道を歩いてみた。

風が強く、椎の木など常緑の木に風が当たって轟々と鳴り響く山道。

そんななか、2~3kmほどしか離れていない市街の中心部が霞んでしか見えない。

春霞ならば、風流な景色ではあるが、出掛けに自動車のウインドグラスが曇っていたのとあわせて、黄砂かな?と思っていたが、反対側の安倍川を見ると、川原では砂埃が舞い立っているのが見えた。

多分、この砂埃が強い西風に吹きあげられての靄っているのだろうと推察し、半ば安心して見ていた。

先日来、中国から有害物質を含む細かいちりが飛んできていると言うので、今年は特に神経過敏になっているのかもしれない。

025

この風も、一歩麻機側に入れば、風もなく穏かな春日和。

太陽の光に照らされて、黄色く咲き誇っているタンポポにいまや遅しとばかりミツバチが蜜と花粉を求めて寄ってきていた。

.

.

安倍首相が、アメリカに行きTPPの交渉に参加を表明し、沖縄の辺野古の埋め立てを申請することで、アメリカとの信頼関係を強固にしたと記者会見で発表した。

TPPには、党内の半数が反対している上、野党にも異論がある。そして、沖縄の辺野古移転には沖縄県民の強い反対がある。

これらを振り切っての決断と言うが、自分から見るとアメリカの言いなりになる昔の自民党政治。つまり、ポチ化したことで信頼をかち得た、と錯覚しているだけのような気がしてならない。

事実、この会見で一般的に行われる共同声明もないし、テレビでは記者に言われるまで握手もなかったという。

これから先のTPPはどういう方向に向かうか分からないが、自分の都合の良い解釈をして、後で「あっと おどろく タメゴロウ~」にならなければ良いが、、、、、 

この例え、一寸古すぎていまの人には分からないだろうけれど、年寄りにはすぐ分かる、ハナ肇往年のギャグ、、

|

« 熟女好き? | トップページ | まだ匂わぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/56833951

この記事へのトラックバック一覧です: 春霞なら良いのだが:

« 熟女好き? | トップページ | まだ匂わぬ »