« 重いコート脱いで | トップページ | 春霞なら良いのだが »

2013年2月23日 (土)

熟女好き?

044

我が家の北側に安東川と言う川が流れている。

もともとは、浅間神社を源に、北に向かって流れ、途中池ヶ谷から西に向きを買え巴川に入る小さな川だが、多分昭和30年代から河川改修と一帯の宅地化で、農業用水としての価値がなくなったため、三面コンクリート張りにされ、中には蓋までされるなどして、川というより大きな側溝になってしまった。

それでも、川底に土砂の堆積しているあたりには、60センチを超える鯉などもいて、小魚を狙う鷺や、育てきれずに放り込んだミミアカガメなどがかなり見受けられる。

その川を散歩の帰り道、覗き込んで見たら、亀の求愛活動らしいものを見た。

054一匹は、成熟したミミアカガメであり、その後から追いかけてきたのが、はっきりはしないが、まだ青みが強く、ミドリガメの雰囲気を漂わせているミミアカガメと見た。

亀のことは、知らないので間違っているかもしれないが、追いかけてきた小さいほうの亀は、追い越してから大きな亀の正面に回りこみ、手で触ろうとしていたが、大きいほうは向きを変えて逃げようとする。

まるで、最近の熟女好きの若者が年上の女にまとわり付いているように見えて面白く、しばらく腰を降ろして眺めていた。

この騒動に興味を持ったのは、自分だけでなく、少しはなれたところで泳いでいた鯉のほうも同様だったらしく、交互に近くによっては離れをくりかえし、冷やかしているようにも見えた。

10分ほど、そんな状態を繰り返していたが、それ以上の進展はなく、、、、見ているほうがアホらしくなって腰を上げたが、、、、恋は成就しただろうか。

亀の生態も知らないし、発情期が何時なのか知らないが、水が温んで冬眠から覚めれば、恋のひとつもしたくなるのであろう。

   うらやましい限りである。

|

« 重いコート脱いで | トップページ | 春霞なら良いのだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/56825723

この記事へのトラックバック一覧です: 熟女好き?:

« 重いコート脱いで | トップページ | 春霞なら良いのだが »