« 五里霧中 | トップページ | 寒が抜け落ちた? »

2013年2月 6日 (水)

だれかさんとだれかさんが

001

誰かさんと誰かさんが藪の中

しっぽり濡れてる いいじゃないか

朝からの雨は、いつまでたってもやまない。

いつものように、軒先の林檎を食べたメジロも行くところが無いようで、バンマツリの木の茂みに入って濡れたお互いの毛を交互につくろっていた。

メジロは、この時期からペアを作り、二羽揃って来ることが多いが、この毛づくろいは親密度を高めるためのものであろう。

冬でも葉を落とさない木の茂みは、難敵のヒヨドリも入ってこれないようで、リラックスした感じでいちゃついている。

窓を開けて、フラッシュを焚いて写してみるが、一向に気にしていない様子で居座っていた。

.

.

|

« 五里霧中 | トップページ | 寒が抜け落ちた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/56709753

この記事へのトラックバック一覧です: だれかさんとだれかさんが:

« 五里霧中 | トップページ | 寒が抜け落ちた? »