« 雨降る前にと | トップページ | 「法 法華経!」 と叱られた »

2013年3月19日 (火)

じいじん家のさくらんぼ

031

桜に少し先駆けて庭のユスラウメが満開になった。

034昨夜の強い嵐に花びらを散らすと思っていたが、咲いたばかりだったため、花びらを散らすことなく朝を迎えており、ほっとした。

この木は、孫たちから「じいじん家のさくらんぼ」として、長年親しまれてきたのは、六月になると真っ赤な実を付けるためであり、色づき始めた頃からまだかまだかと催促されてきたきである。

ユスラウメ、漢字で書くと”梅桃”と書き、さくらんぼの”桜桃”とは少し違うが、高さ二メートルにも満たない低木のうえ、誰にも邪魔されず取り放題に実を摘めるのが嬉しかったらしい。

しかし「じいじん家のさくらんぼ」一番下の孫が中学生になってからは誰も摘むものがなくなり、昨年あたりから、じいじしか摘むものがいなくなった。

ことしも、雪をかぶったように花咲かせているが、ユスラウメには勤めが終わったことは知らない。

といって、こんなに懸命に咲いているのを排除するには忍びなく、今後は「じいじのさくらんぼ」となり、じいじとともに余生を過ごしていくことになる。

|

« 雨降る前にと | トップページ | 「法 法華経!」 と叱られた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/56990342

この記事へのトラックバック一覧です: じいじん家のさくらんぼ:

« 雨降る前にと | トップページ | 「法 法華経!」 と叱られた »