« 春はあけぼの | トップページ | 花に引導の風 »

2013年3月 9日 (土)

メジロの空き巣

016

池ヶ谷の山際にメジロの空き巣がひとつ。

巣の直径は、8センチ程度の円形で御椀型をしている。

木の葉が落ちて、人目につくようになったものだが、ここの雛は順調に巣立ったのだろうか、葉が落ちればあまりにも人は勿論、ほかの動物にも眼が届きそうな高さと場所にあった。

メジロは、時として同じ巣を再利用することがあるとされているので、樹が緑に覆われた時に再度来て見たい誘惑の駆られる場所である。

ともあれ、これだけの巣を本能だけで作ると言うのは子育てを含めてすごいことであり、人間の場合家を建てるのは勿論、子育てやしつけが出来ない親が増えているのを見ると、ずいぶんと退化しているとおもう。

結局は、どの生物もたどる栄枯盛衰のなかで、人間は滅びの第一歩を踏み出しているのではないだろうか。

.

.

005今日も、「春めく」と言う言葉を通り越して、夏日と言われる25度近くまで気温が上がってしまった。

この暖かさで、植物の芽も急速に伸びだして、田んぼの縁には蓮華も咲き出し、二月に植えつけたじゃが芋も目を吹きだして地表に顔を出していた。

まだまだ寒い日もあるだろうに、、、、、、明日にでもシートをかぶせに行かなければなるまい。

|

« 春はあけぼの | トップページ | 花に引導の風 »

コメント

おばさま
新聞やテレビを見ているとあまりにも自分勝手な日本人が増えているようの思います。(実際は日本人ばかりではないのかもしれませんが)
なんだか、子供が子供を生んだと言うか、赤ん坊を含めて子供をペットと思っているようで、手に負えなければ捨てたり殺したり、、、、

投稿: オラケタル | 2013年3月10日 (日) 21時20分

動物だって我が子を守る術を知っているというのに、
自分の身勝手から放棄してしまう親もいる。
嘆かわしいことです。
昨日も今日も暖かく本当に春を感じ、嬉しく
なってきます。
ジャガイモ・・・我が家ではまだ植えてありません。
もう霜の心配はないでしょうから、植え付けしなくては。

投稿: おばさん | 2013年3月10日 (日) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/56921850

この記事へのトラックバック一覧です: メジロの空き巣:

« 春はあけぼの | トップページ | 花に引導の風 »