« 椿の木に身を隠して | トップページ | レンコン旅行 »

2013年3月 4日 (月)

40年はほんの瞬き

026

越前海岸で食事をした後、40年ぶりくらいで訪れた東尋坊。

冬の暗鬱な雲と強い西風を予想していたのだが、まったくの予想はずれ。

穏かな春風というより、初夏といった感じのぽかぽか陽気になっており、防寒着も車において断崖を目指して歩く。

みやげ物店を抜けて、少し降り展望台から見晴らせば、足元がきれいに舗装されていること以外にな~んにも変わっていないような気がする。

これらの自然から言えば、40年なんてほんの瞬きほどの一瞬間にしかならないのだろうな。

はるか水平線まで見渡す限り、海には波もなく、空には雲もない。

足元の岩には、打ち寄せる波もわずかで海面近くまで歩いて降りることが出来た。

今夜の宿は、ここから車で15分くらいの三国観光ホテル。

「日本海に沈む夕日が見られる」と言うのが売りだったが、夕日は傍の建物に隠れて見ることが出来ず、食事もあまり良くなかった。

利用者の口コミが良かっただけに、がっかり感は尾を引いて、、、、

|

« 椿の木に身を隠して | トップページ | レンコン旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/56907232

この記事へのトラックバック一覧です: 40年はほんの瞬き:

« 椿の木に身を隠して | トップページ | レンコン旅行 »