« あるじ無しとて | トップページ | 雨降る前にと »

2013年3月17日 (日)

仏の座にすがって

Img_0053

てふてふ てふてふ 菜の花に止まれ

菜の花に厭いたら 桜に止まれ

.

Img_0057

菜の花も咲き乱れ、桜の花も開花を迎えているのに「今年はどういうわけか、モンシロチョウにはなかなか会えないな」と思っていたら、ナミアゲハが先に見つかった。

それも、地面すれすれに咲くホトケノザに縋っているのを、、、、、少し離れているが、近くには菜の花が咲いているのに

ホトケノザの花に掴まっている情況から、蜜を吸っているのか、はたまた、今朝方さなぎから脱皮して間もないため、羽根を乾かしているのか、よく分からない。

.

..

今日は彼岸の入り。

いまでこそ、「暑さ寒さも彼岸まで」などと暦の上での季節を表示する区切りになっているが、本来は、俗世間の煩悩を全て振り捨てて、この世は「無」であることを悟った永遠の世界をいう。

言うは安く行うのは難しいこの悟り、はたして、仏教界の高僧といえどもこの世界に到達している人はないといっても良いのではなかろうか。

しかし、青虫から蛹になり、脱皮して蝶になった昆虫には、ただ、蜜を吸って子孫を残すことしか念頭にないとすれば、ひょっとして、修行して高い地位を目指して来た坊さんより、悟りの境地に達しているのかもしれない。

と、思ったら、おかしくなってしまった。

        摩訶 般若波羅蜜多

|

« あるじ無しとて | トップページ | 雨降る前にと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/56977249

この記事へのトラックバック一覧です: 仏の座にすがって:

« あるじ無しとて | トップページ | 雨降る前にと »