« あっちにこっちにと | トップページ | 花も嵐も踏み越えて »

2013年4月 6日 (土)

仇花を嘆く

011


大荒れの空模様になるのは静岡では午後からと言う予想であったが、朝、それも夜明け前にザーッと降っていたのを、寝床の中で聞いたような気がした。

それでも、起きてからは薄日さえ見られるような天気になったので、外に出てみると、草むらは露で濡れていたし、小藪に絡まっていたアケビの花には涙のような、水滴がぶら下がっていた。

「親の意見と茄子の花は、千にひとつの無駄もない」といわれるが、アケビの花はこの逆で、今頃の野山に行くと鈴なりに咲いているが、秋になってその場所に行ってもめったにアケビが実っているのを見ることが出来ない。

花に蜜がないため、雄花と雌花を仲介する虫が少ないためといわれるが、今日のように、涙をためているのは、仇花になるのを嘆いているのかもしれない。

.

.

北朝鮮が、自らの言動でますます興奮してどうにもとまらない情勢になってきつつあるのをみて、戦前の日本もこんな状態だったのだろうと想像してしまった。

この勢いで、というか、破れかぶれで真珠湾攻撃みたいにミサイルを打ち出すと、日本や韓国が標的にされる可能性が大きい。

北朝鮮の一部では、どう足掻いてみたって蟷螂の斧でしかないと思っている人もいるのだろうが、全体主義体制の流れに飲み込まれて口をつぐんでいる。

一方日本でも、このところのアベノミクスとやらで、日本銀行も政府の意のままになり、国債を買い上げ、紙幣を国中に溢れさせようとしているし、国会は、憲法を変えようとする勢力が声高に「改憲」を叫んでいて、何だか日本の未来が危うく、そして、きな臭くなってきているような予感がする。

どうせ、自分たち高齢者は良い時代を生きてきたし、改憲されても、国防軍に徴兵されることもないのだから、その日その日が何とか安泰に暮らせればよいのだが、、、、

今の若者が、大奮発の国債償還の荷を背負わされ、徴兵におびえ、言いたいことも言えない世の中になる可能性は、戦前の歴史を見るまでもなく分かることである。

円安で、輸出企業以外はさらに苦しくなり、実体のない株で儲けた人意外は、物価高で生活程度を落とし、増税が追い討ちをかける。

いい加減目を覚まして、参院選で改憲勢力を伸張させれると、内外ともに大変なことになる予感がする。

いま、午後10時過ぎ、雷鳴とどろき雨音も激しくなってきた。

|

« あっちにこっちにと | トップページ | 花も嵐も踏み越えて »

コメント

ピカッとサリーさん
この花のほかにミツバアケビと言うものがあって、こちらは濃い紫色をしています。
花の色も違いますが、こちらのアケビは葉が五枚、ミツバアケビは名前のとおり三枚です。
いずれ、ミツバアケビの花も取り上げようと思っています。
世間はアベノミクスとやらで、浮かれているようですが、実際は物の値段が上がっただけで終わる可能性が強いのです。
「物価が上がれば全て良しとする風潮」  マスコミやエセ経済学者に乗せられていることに何時になったら気が付くのでしょうか。

投稿: オラケタル | 2013年4月 8日 (月) 21時08分

こんばんわ

アケビの花初めて見せていただきました♪
なんて面白い形でしょ・・・そこに雨の雫、、雫の中に綺麗なアケビの花がもう一つ咲いています♪

いま世の中はアベノミクスで経済が↑になっていると信じているようですが・・・
これでいい気になってお金を得るには戦争だなんてことに・・・
昨日は、夜中に大雨注意報の放送も有りこれからの社会の根底からの地響きを聞いたような気持ちがしました。
猿の惑星ありましたよね!!あれを見て過ぎ去っただけなんですね!何も学ばない、学べない、哀れな人間です!!

投稿: ピカッとサリー | 2013年4月 7日 (日) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/57119219

この記事へのトラックバック一覧です: 仇花を嘆く:

« あっちにこっちにと | トップページ | 花も嵐も踏み越えて »