« モデルになる | トップページ | これってエコ? »

2013年5月 6日 (月)

かなり草臥れ果ている

016

斜面を削って造った駐車場の脇でほかの草に埋もれるようにしてハンショウヅルが紫の小さな花をぶら下げていた。

花の直径は開いたところで1センチはないだろう。そして長さは2センチくらいか、、、むかし、火の見やぐらの天辺にぶら下がっていた半鐘に似ていると名付けられたそうだ。

一昔前までは、市街地でもあちこちに火の見やぐらがた立ち、いざ事が起きれば「カンカンカン」と連打して火事を皆に知らせていた。

しかし、周りにそれ以上の建物が立つと、視界も利かずかなり数を減らして、今では記念物的存在になってきた。

そんなことを思っていると、十時ころになって、茶畑の下の県道を、消防自動車や救急車が何台もサイレンを鳴らして通り過ぎ、ヘリコプターまで空を舞っていた。

かなり大きな事故かと思ったが、夕刊は休みの上、テレビも関連の放送はなし、そしてインターネットにも、、、、、、

.

.

かなりくたびれ果てている。

ここしばらく、八時から五時という長時間の立ち仕事をしていなかったためである。

お茶摘みは一日の中休みを挟んで今日で五日目、当初は初めての経験でもあり、話しの種として二日ほどでおわらせる予定だったのだが、、、、、、

どうも、今週いっぱいやってほしいような雰囲気になってきた。

明日からは、ゴールデンウイークも終わり、いままでのお茶摘み手伝いも半減するそうで、、、、、、「まあ 猫の手代わりなら」と引き受けてきたのだが、連日あちらの畑こちらの畑と移動しながらの茶摘みで、親指と人差し指を中心に手のひらが分厚くなってきたような気がする。

|

« モデルになる | トップページ | これってエコ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/57326086

この記事へのトラックバック一覧です: かなり草臥れ果ている:

« モデルになる | トップページ | これってエコ? »