« たいしたことではない | トップページ | 八重のドクダミ »

2013年5月26日 (日)

富士周遊

026

久しぶりに、富士市から朝霧高原を廻り根場の里を廻ってきた。

あさ、昨日移植したばかりのきゅうりと落花生に水遣りをするため畑に行ってきた後、富士市の広野公園のバラが見ごろだと聞いていたので八時半頃家を出て、国道一号経由で向かった。

日曜の朝ということもあって、道路を走る車も少なく普段よりかなり早く到着することが出来た。

つつじの花が真っ赤になって迎えてくれた駐車場に車を止めて、石段を登りきった高台のプロムナードの中央に、バラの花壇があり、微かではあるが芳香をあたりに撒き散らしていた。

案内図には、ここが本来のバラ園でなくさらに奥にあるとのことなので、広い公園の西半分を散策し、バラ園といわれるところにむかった。

しかし、此処は少し期待外れだった。バラの種類と開花できるバラの数が少なく、せっかく咲いているバラの花が咲き終わって茶色くなった花の間にという感じさえする情況で、人手不足もあるのだろうが手入れのほうが、、、、、

.

.

そのご、バイパスを遡り、上井出インターからミルクランドを経て、鳴沢村、根の里に向かった

鳴沢村に入り、富士五湖沿いの道路に入った頃から道路はかなり混雑、渋滞の様相を見せ、日ごろ日曜日を避けて行楽地に行っているものにとって、わずらわしい情況になった。

またその混に輪をかけているのが、一見若い人と見まがうおじさんライダーの集団。駐車場でヘルメットをはずせば、白髪交じりや、髪の毛の薄さが目に付く人が、どこの駐車場もブルルンブルルンとエンジンをふかしている。

根場の里では、「腹が減っては戦が出来ぬ」とばかり、到着早々に昼食を取ることにした。

ここでの食事は、以前にも来て、味をしめている蕎麦屋さんに入り、天ぷら盛り蕎麦を食べたのだが、腹にたまらないという蕎麦が意外とたまり、満腹感からおもわず昼寝タイムに入ってしまった。

連れ合いたちは、あちこちを散策と買い物している間で丁度良かった。

|

« たいしたことではない | トップページ | 八重のドクダミ »

コメント

おばさま
根場の里の蕎麦屋は入って左手の一番隅っこにある茅葺の家ですが、一度入ってみてはいかがでしょう。
わたしどもも、ここの蕎麦がよくて、これで四度目です。
入場料を含めると少し割り高ですが、、、、

広見公園は、仕事をしているときよく通った道すがらでしたが、入ったのは今回が初めてでした。
芝生と、さくら、小楢などの落葉樹の構成がきれいですね。
富士山は曇っていて見えませんでしたので、次回は見える日に行ってみようと思います。

投稿: オラケタル | 2013年5月30日 (木) 09時58分

西湖のあの藁ぶき屋の里ですね、
蕎麦屋さんは行きませんでしたが、こんにゃく料理を
頂きました。落ち着いた良い地でした。
富士市は広見公園より中央公園のバラが見応えあります。
富士山をバックに綺麗です。

投稿: おばさん | 2013年5月29日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/57465184

この記事へのトラックバック一覧です: 富士周遊:

« たいしたことではない | トップページ | 八重のドクダミ »