« いま飛び立つとき | トップページ | 展覧会の絵に似て »

2013年5月20日 (月)

雨中に桑の実を

011

お昼まで細かい雨が断続的に降っていて、まるで梅雨に入ったような感じの天気だった。

昨日まで、畑のたまねぎやニンニクの採り入れと苦土石灰を撒いて、鍬で耕すなど、百姓仕事もこの雨で二日は駄目だろうとおもい、傘をさしての散歩は、蓮根畑の視察だけで今日は一日グウタラと過ごしてしまった。

その途中、雨に濡れた山桑の木に立ち寄り、少しぐらい摘まめるものはないかと、下から覗いてみたが、道脇にあるためかほんの少ししか収穫はなかった。

それでも、久しぶりに懐かしい味に出会えて、子供の頃を思い出し、、、、、

013まだ熟れていない桑の実は、、、

最近、このあたりでは蚕を飼う家もなく、桑の木畑は見ることもないが、あの葉っぱの大きな桑の実は旨くない。

葉っぱを食べる蚕は、どうなんだろうと思ってしまう。

明治初期に生まれたおばあさんの家で飼っていた当時の蚕は、子供心にもあんな大きなものでなく、露が付いていては蚕が死んでしまうといって、雨の日の桑の葉摘みは大変だった。

子供の自分たちは、桑の葉よりあの実を食べるのに夢中で、木によじ登って実が密集している場所行こうとしてよく叱られた。

その日の桑の葉がつみ終わる頃には、口も手も紫色に染めて、機嫌よく木から降りてきたものだった。

|

« いま飛び立つとき | トップページ | 展覧会の絵に似て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/57425674

この記事へのトラックバック一覧です: 雨中に桑の実を:

« いま飛び立つとき | トップページ | 展覧会の絵に似て »