« 夏越し祓いに | トップページ | 雨のキュウリ »

2013年7月 2日 (火)

半分化粧したところ

010


今日は夏至から数えて11日目。半夏生(ハンゲショウ)である。

古来半夏生は、天から毒が降るとか、地面が陰毒を含んで毒草が生まれると言った。

多分、急に暑くなって熱射病にやられやすいころと言った意味もあるのだろうか、この日はワラビやタケノコなど食べない。種をまくのを控える、井戸に蓋をする。などと言われてきたそうだが、やつがれの推測では肉など栄養価の高いものを食べ、野良仕事など暑いさなかに外出は控える、動かない井戸の水は飲むのを控えると言う諭ではないかと思っている。

漢方のほうでは半夏生はカラスビシャクのことを言うそうだが、ハンゲショウを半化粧とも言って、上の写真の花をいう。

丁度、この時期に合わせるようにして、葉っぱの一部が白くなることから、白粉を塗りかけた人に見立てて半化粧と名づけたそうだが、いまどき、こんなに白い化粧をするのは京都の舞妓さんぐらい。

.

どうもパソコンの調子が悪くなって、騙し騙し使っているが、この調子ではどうなることやら,、、、、、、、、、

|

« 夏越し祓いに | トップページ | 雨のキュウリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/57710764

この記事へのトラックバック一覧です: 半分化粧したところ:

« 夏越し祓いに | トップページ | 雨のキュウリ »