« 半分化粧したところ | トップページ | 清見寺にいく »

2013年7月 4日 (木)

雨のキュウリ

Photo_2


朝から断続的に激しい雨が降ってきていた。

木陰に咲くのアガパンサスも激しい雨の余禄をもらって花に雨粒をしたたらせている。

こんな雨の中、キュウリの畠に向かった。

普段ならこんな雨降りに、、、というのだが、成長の早いキュウリは明後日の雨の上がるのを待ってくれない。

放っておけば、40センチにもなる皮の硬い大物になってしまうと思うと、家でじっとしていられない。

そこで、長靴を履き、傘をさしての農作業になってしまった。

予想通り、からんだ蔓や葉っぱの陰のあっちに一本こっちに一本、とレジ袋に2杯の収穫になった。

漬物や三杯酢などにしたがそれでも二人所帯には多すぎる。

作物は、手をかけても出来ないときは気が沈んでしまうが、旬の野菜は出来すぎたとき、長持ちさせる方法がないので処置のほうも大変である。

それで、少しづつ小分けをして「旬ならぬ雨のキュウリだけど貰ってくれない?」と近所回り、、、、、、、。

.

.

四文字熟語でよく使われる言葉の中に「朝三暮四」というのがある。

むかし、中国で猿を飼っていた人が、蓄えも底を付きかけたので、それまでの餌を減らすに付いて猿に餌の栃の実を朝三個暮に四個としたいのだがと言ったところ猿が怒ったので、それでは朝四個暮に三個としたいと言ったところ、猿は喜んで承知した。と言う話からきている。

こんな計算は誰にでも分かるが、厚生年金の支払いを60歳からにすると繰り下げ請求となって、65歳まで遅らすと満額が支払われる。という話になる。

どちらを選択するのかはかなり難しい問題である。人間の寿命、自分の余命はどんなに科学が進んでもまだ解明できないところにあるからだ。

全額支払いを受けても、若死にしたら、丸っきりの損になるし、なんてことをことを考えると、少しでも早く請求したほうが好いのでは、、、、と言うのが大半であろう。

四字熟語とは、少々意味が違うが早く三つもらったほうが得なのであろう。

|

« 半分化粧したところ | トップページ | 清見寺にいく »

コメント

ピカッとサリーさん
原子力発電所や消費税、年金問題など一般の人のきもちが汲み取れなず、自分のことしか考えていない政治家が多すぎます。
国会議員は、衆参ともに違憲状態の選挙で選ばれている人たちですから仕様がないのかもしれませんが、それでも選挙はしなければと今度も足を運ぶつもりです。

投稿: オラケタル | 2013年7月 5日 (金) 22時40分

きゅうり豊作おめでとうございます♪
近所で喜ばれたことでしょう(微笑)

いま年金遅らせる方いないでしょう??
このままでは、、68歳まで頂けない対策となるみたいですし~
今盛んに参議院選挙言っていますが・・・
興味薄れています。
自民でも民主でもまず政治家サン達、、お給料減額が当たり前でしょうに・・・
それをせずに自分たちだけ!!
情けない事です。
みんなが少しでも暮らしやすいようにまず考えていただきたい。←少し口を慎まないといけませんでしたね(ごめんなさい)

投稿: ピカッとサリー | 2013年7月 5日 (金) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/57723248

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のキュウリ:

« 半分化粧したところ | トップページ | 清見寺にいく »