« 腕白でいい | トップページ | 御法川さんは »

2013年9月11日 (水)

どう見たら良いのか

002

駿府城公園の一角にマロニエ公園というところがあり、昭和32年当時の市長が、フランスのパリから取り寄せて植えられたと書いてある。

それから、60年近くたったいま6本ほどの木が立っているが、およそ60年もたっている木とは思えないほど貧弱な様子である。

たぶん、静岡の地に合わなかったのであろう。

そして、一番小さな木に少し実がついているが、自分の経験から言うと”栃の木”ではないかと思う。

かなり前のことだが、フランスで見かけたマロニエの木は、葉っぱがよく似ていたが、木の実には栗ほどではないが、毬がついていたのを鮮明に覚えている。

多分、枯れた木の変わりに、どこからか持ってきたものだろうが、こういうのをどう見たらよいのだろうか。

.

.

静岡で言う”オマチ”に行って来た。

本当、久しぶりの繁華街と市役所付近を歩いたのは何ヶ月ぶりだろうか、家から自転車で二十分とはかからない距離だが、、、、、、いつだったか思い出せない行っていない。

街中で、連れ合いと落ち合った後、デパートに寄って、いつも買っている吉田漁港の”ひげ奴”いう店の塩辛と貰っていた商品券を使って印伝のキーホルダーを購入した。

塩辛を手にして驚いた。いままで700円で買っていたはずのものが835円になっている。これもアベノミクス?、一瞬どうしたものかと考えてしまった。

しかし、連れ合いの手前それをレジに持っていった。

「家まで時間がかかりますか?」「ほかの買い物もあるので二~三時間ほど、、、」

「では、冷却剤を入れておきます、、、、涼しくなった思ってもまだ外は30度ですから、、、、」「こんな冷房の効いたところにいても分かりますか?」

そうなんだよな、最近は暑さに身体がなれたようで、30度でも湿気が少ないためか、そんなに暑く感じないもんな、、、、。

ひょっとして、老人性鈍感症なんだろうか。

|

« 腕白でいい | トップページ | 御法川さんは »

コメント

星さま
そうですよ、戦後の急速なインフレは貯金や生命保険を紙くずにしてしまったのを、彼ら(政府)は知らないのでしょう。
いや、知っていても財産家だった彼らの家には影響がないどころか大儲けをしたはず、、、、、
インフレは弱いものに直撃します。
今回も彼らは、のほほんと過ごし、民の竈は煙も出ないので分からずにいることでしょう。

投稿: オラケタル | 2013年9月13日 (金) 16時09分

まさしく栃の木ですね。おっしゃる通りマロニエ 別名西洋栃の木 あるいは馬栗には果実にはとげがありますが・・ マロニエを植樹して、枯れたのでとりあえず日本の栃の木でも となったのでは、、、、下司の勘繰りかな
 栃の木よりも塩辛の方が重大と思います。インフレがどれだけ怖いものか、いろんな形のインフレの苦しさを体験した私たちの年代は骨身にしみて、忘れられないのですが・・・ 

投稿: 星 | 2013年9月12日 (木) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58172738

この記事へのトラックバック一覧です: どう見たら良いのか:

« 腕白でいい | トップページ | 御法川さんは »