« 銀杏が熟れて | トップページ | 健康長寿率 いちばん »

2013年9月14日 (土)

コナギの花は

こなぎ011

静岡のあまり手の入らない田んぼに、コナギの花が咲き出した。

010水葵の仲間だけあって、花の形はよく似ているが、花の大きさは1㌢に満たない小さなものである。

漢字で書くと小菜葱、小水葱などいくつかあるが、最後の葱だけはどの書き方にも共通しているのは、食べられる雑草のひとつだけに、葱の味にも似たところがあるのだろうか。

この草は、はるかむかし米と一緒に日本に来たというだけあって、水田によく生えるが、稲の生育に邪魔をするといわれ、嫌われ者の雑草であり他の草取りにはイヌビエなどともに駆除されてきた。

イヌビエは、イネ科だけあって除草剤も効かないが、コナギにはよく効いたようで、最近では、減り続けて希少種にまでなっているそうだ。

そのため、この草が育つ場所は、人の手が入らない池や田んぼになっており、先年も、この花を見たさに愛知県まで出かけた人があったようで、自分のブログに乗せたところ、「どこにありますか」というコメントまであった。

嫌われ者も、少なくなれば希少種として、保護(?)されかねない時代になってきたが、そのうち、耕作放棄の田んぼが増えればまた雑草扱いになるだろう。

|

« 銀杏が熟れて | トップページ | 健康長寿率 いちばん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58192008

この記事へのトラックバック一覧です: コナギの花は:

« 銀杏が熟れて | トップページ | 健康長寿率 いちばん »