« 薬効低下の健康食品 | トップページ | 百舌の高鳴き »

2013年9月27日 (金)

蓮根の初掘り

002

早いもので、先日まで暑さうだっていたというのに、北海道では氷点下のところも出てきて霜が降りたそうな。

大陸からの冷たい高気圧が南下したそうで、その影響もあって久しぶりに20度割れの朝を迎え清清しい朝を迎えることになった。

昨日、はじめて蓮根畑に入って試掘をしてみたが、気温が三十度を超える中での土掘りはすぐに汗だくになり、掘る気を失せさせてしまった。

そんな気分でやっていたためか、なんだか熱中症の前期症状疑わせる気分になってきたので、掘り返していた土を元に戻して、早々に帰ってきたばかりだった。

しかし、今朝になってこの冷え込み(?)に気をよくして、事実上の初掘りということになった。

まずは、あちこちに初物として配ることにしよう。

.

.

NHKの朝ドラ”あまちゃん”がヒットしているらしい。

最近は、この手のドラマは見たことがなかったので、午後の再放送を見ていたが初めて見たので何がなんだか分からないものの、どこがそんなに人気があったのかのみこめない、、、、、ただ騒がしいだけと言った印象しか残らなかった。

そうしたな、”じぇじぇじぇ”と言う言葉がこの番組から、最近のはやり言葉として広まっている、と言うことだけは知っている。

なんでも、岩手県のあたりで、びっくりしたときなどに使われる言葉だそうだ。

そういえば、今はむかし、まだ若いころ、驚いたときに使う言葉として”ぎょっぎょっ”といった言葉が流行ったことがあったが、、その真似をしたらおばあさんに「へんな日本語を使うな!」と、しかられた記憶がある。

この言葉は、”ぎょっとする”と言う言葉から出てきたものと思うが、いま、”ぎょっぎょっ”で検索してみてもパソコンはこの意味でヒットしない。

つまり、あれだけ流行ったと言葉だったと思うが、今では死語になっているらしい。”じぇじぇじぇ”もこの番組が終われば、いつしか地元に帰り、方言が各地で消えつつあるある中でいずれは死語になるのはそんなに長いことではないだろう。

ところで、番組を見終わってから、主役の能年何とかと言う女優さん、いまどきの細顔女優さんと違って、そこらを歩いているごく平凡な丸顔だったと覚えているが、どんな顔だったのかもう忘れてしまった。

最近と言うか、人の顔が覚えられなくなった。特に若い人の顔が一様に同じに見えてしまって分からない。

ボケの症状はこんなところから進んでくるのだろうか。

そういえば、まだ沖縄に占領軍がいたときの話として、泥棒に入られた兵士の前に、容疑者として数人の人が連れてこられ、首実検をしたがみんな同じように見えて分からなかったそうだ。

米軍兵士は、容疑者の顔を見ていたにもかかわらず、分からなかったそうだが、自分も、テレビに若い俳優が出てきても区別がつかない。と言うのはひょっとして自分も外人なのか、、、、、、?

|

« 薬効低下の健康食品 | トップページ | 百舌の高鳴き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58275729

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮根の初掘り:

« 薬効低下の健康食品 | トップページ | 百舌の高鳴き »