« コナギの花は | トップページ | 台風一過の朝焼け »

2013年9月16日 (月)

健康長寿率 いちばん

003


未明から激しく降り出した雨も、降ったり止んだりを繰り返しながら風が強くなっていく。

テレビは、京都の桂川の洪水の様子を上から地上から繰り返し移して放送する。

濁流が渡月橋すれすれまで激しく流れるさまは迫力があったが、大雨の割には、人的被害の少なかったことが何よりである。

それの比べれば、我が家の付近は穏やかに、日ごろ少しの雨でも増水する裏の川もブロック三段ほどにしか上がらずに終わった。

それに引き換え、テレビで放送された大浜海岸や用宗の波しぶきの激しさと雨風の強さは、同じ静岡市とは思えないほどの違いがある。

そうする間にも台風は速度を速め勢力も弱くなったのか、中心が長野県の飯田から南アルプスを越えて山梨県に入ったあたりから急速に収まったのは、地形の大きく関係しているのだろう。

午後に入って、南側の空が明るくなり、雨も上がった様子を見て、蓮の田んぼ付近まで散歩に出かけてみたが、大きな葉っぱが災いしたのか、それとも、そろそろ茎も弱ってきたためか、先日までピンクの大輪の花を咲かせていた蓮の畠も、途中で折れたものが多く、まさに、「なびき伏しけん 大御世の、、、」といった状態になっており、来週あたりから、「掘り上げて下さい」と言わんばかり、、、、、、、、

.

.

今日は「敬老の日」子供や孫たちからは何の挨拶もない。

台風にかまかけてか、日ごろ口うるさい爺婆を敬して遠ざけているからか、、、、

.

先日行ったファミリーレストランの台紙に「静岡県の健康長寿率は73,5歳で日本一である」と書いてあった。

それを見て、「じいじは曲がりなりにもこれをクリアしたようだ」と言った。

我ながら自分の健康に驚いている。

塵肺、振動障害など職業病の宝庫と言わたほか、落盤 墜落 火薬事故など災害も多く、生命保険も制限された鉱山で仕事をした身にとってここまで健康で長生きできるとは思わなかった。

夕べのテレビでも、減塩食、体操など健康に重点を置く長野県が、健康長寿率七位だとか言って悔しがっていたが、静岡の温暖な気候と能天気な県民性にはかなわないのだろうと見ている。

しかし、73,5歳が平均とはいえ最高だと言うことは、100歳以上が5万人を越える日本において、そのほとんどが不健康と言うことになりはしないか。

長野県の佐久市にぴんぴんころりを願って、願を掛ける”ぴんころ地蔵”と言うのがあり、自分も行ったことがあるが眺めただけでお願いはしてこなかった。

お地蔵さまも、これを覚えていれば、自分の末路はかなり危うい、、、、、、、、、、

|

« コナギの花は | トップページ | 台風一過の朝焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58207261

この記事へのトラックバック一覧です: 健康長寿率 いちばん:

« コナギの花は | トップページ | 台風一過の朝焼け »