« 騙されまいぞ | トップページ | 金は天下の回り物 »

2013年10月 9日 (水)

虹立ち上る秋の夕暮れ

012


百人一首のなかに「村雨の つゆもまだひぬ秋の日に 霧たちのぼる 秋の夕暮れ」と、いうのがある。

朝から台風の影響で激しくはないが、雨が降ったりやんだりを繰り返していたが、午後四時も過ぎると空も明るくなったので、朝からこもりっきりで退屈していた自分は、我慢できず近回りの散歩にと出かけてみた。

麻機の沼付近まで来たときから、また雨が降り出し、次第に激しくなったが気温はかなり高いようで寒さどころか、涼しさも感じない。

そのため、雨宿りも考えず濡れるに任せて、家のほうに向かって引き返したのだが、途中から東側の山の際から虹が立ち上がって来はじめた。

晴れていれば、富士山が真っ黒な姿を現す方向だが、二兎を追うわけには行かない。

はじめは、うっすらぼんやりだったが、しだいに濃くなり、最後は副虹まで伴う本格的な虹になった。

しかし、太陽が山の端に隠れだすと、一気に消えてしまった。

まさに、百人一首の句の”霧”を”虹”に変えるとそのままの情景を映し出したことになる。

しかし、あまりにもあっけなく消えたことから、余韻としては霧のほうに分があるように感じてしまった。

|

« 騙されまいぞ | トップページ | 金は天下の回り物 »

コメント

おばさま
富士のほうでも見えたのでしょうか。
静岡は、日没寸前でしたから、そのころ雨雲がまだ富士にかかっていたのでは、、、、
それにしても、儚いもの代名詞である虹はタイミングです。

投稿: オラケタル | 2013年10月11日 (金) 17時07分

この日の虹は綺麗だったと皆さんのブログで
知りました。見ることできず残念でした。
儚さが一層美しさを際立たせるんでしょうね。

投稿: おばさん | 2013年10月10日 (木) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58351455

この記事へのトラックバック一覧です: 虹立ち上る秋の夕暮れ:

« 騙されまいぞ | トップページ | 金は天下の回り物 »