« 石蕗の黄色い花は | トップページ | にこやかに »

2013年11月 2日 (土)

楓蔦黄ばむ

014

立冬を間近に控えたこのごろを七十二項では”楓蔦黄”と書いて楓や蔦が黄ばむころといい、中国では”蟄虫威附”といって、虫が地中に隠れるころとしている。

朝、蓮根を袋詰めにして、いくぶん赤みを帯びて着物のすそ模様にでもしたいような紅葉を見ながら安倍川沿いの道をさかのぼる。

八時少し回って開店早々の”真富士の里”に持っていったところ、最近、入荷がなくて、昨日も「蓮根がないのか」と言う客があったとのこと、、、、

そして、明日は農業際があるので、もっと出荷してほしいと言うので、家に帰り、今日も蓮根掘りを行う。

蓮根の大きなものは地中深くにあるのが多く、下に行くほど硬くなる土を手先だけで掘り進むのは難儀であるが、掘り上げた時は思わずにんまりしてしまう。

食べるのはどちらかと言うとあまり好きではないが、この堀り上げたときの感触が好きなのと、わずかでも収入になるので、このごろは連日畑に行っている。

ただ、足腰に負担のかかる仕事なので、よくやって三時間が限度、それ以上はしない。

今日もこの蓮根堀りの作業中に、何匹もの生き物に迷惑をかけた。

この畑は、農薬を一切使っていないので、土中にはミミズ オケラをはじめザリガニやドジョウが潜んでいて、土をどけていると、「いま寝についたばっかりなのに何するのさ」と言わんばかり、さも迷惑そうな顔をしてでてくる。

いずれも、夏真っ盛りの俊敏な動きはなくのろのろと這い回る。

|

« 石蕗の黄色い花は | トップページ | にこやかに »

コメント

よしこさま
たまたま逆光をになっていたので何枚か写してみました。
下手な鉄砲数打ちゃ当たる式の写真です。
焦点が少しボケているところが自分に似てよいかな?とおもっています。

蓮根が好きですか?少しお分けしてもいいですよ。
わたしは、どうもあのゴジゴジ感が嫌いなのでほとんど食べたことがありません。
先日も、畑で掘っているときに来たお客さんが、「同じような人があっちの畑にもいたよ」って言っていました、、、
食べ過ぎて嫌いになったのではありませんが、りんごやみかんの農家にもそういう人がいましたし、案外作っている農作物が好きでないという人がいるのではないでしょうか。
お母さんは富沢の病院ですか。少し遠いですけれど、、、
        
            お大事に

投稿: オラケタル | 2013年11月 4日 (月) 16時18分

おばさま
安倍川筋の紅葉もまだ安倍峠付近でもたもたしているようですよ。
この紅葉はたまたまでありまだ始まったばかりです。
そばを食べに竜爪まで着ましたか、保住神社のそばを通るあの道をよく知っていましたね。
もちらこそコメントもいれずごめんなさい。

投稿: オラケタル | 2013年11月 4日 (月) 16時08分

こんばんわ。
本当に着物の模様にありそうな、綺麗な紅葉ですね。真っ赤なモミジよりも、色づき始めたころの紅葉の方が、私も好みです。
真富士の里に卸してらっしゃるんですか。実際に対価になるって、素晴らしい事ですね。そういえば、今年はレンコンはあまりみませんね。いつもなら、たくさん出ているのに。母親の入院先の富沢にも農産物の市が出るようですが、10時開店と共に売り切れてしまうと、昨日も言われました。

投稿: よしこ | 2013年11月 3日 (日) 21時05分

ずっと読み逃げでごめんなさいcoldsweats01
先日 おそばを食べに竜爪に行き、帰りに山道を下り
興津のヤマセミの湯に寄ってきましたが、紅葉は
まだでした。安倍川沿いに走った方が良かったようです。
色づいた山々は綺麗ですものね。

投稿: おばさん | 2013年11月 3日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58501950

この記事へのトラックバック一覧です: 楓蔦黄ばむ:

« 石蕗の黄色い花は | トップページ | にこやかに »