« 朝の露 | トップページ | 宿を探してあちこちと »

2013年11月 7日 (木)

はちすから飛び出して

Img_0162

映画「男はつらいよ」の主題歌の一節に

どぶに落ちても 根のあるやつは

いつか蓮(はちす)の花と咲く   という部分がある。

蓮根畑も枯れ果てて、水気のなくなった土には蓮の種が漏れて転がっている。

種の抜け殻は、足長蜂の巣に似てまぁ~るい穴をいくつもむなしく開けている。

華やかだった淡いピンクの花も結実しいまから、次世代にバトンタッチする準備を始めている。

先日まで、暖かく包まれていた苞をを脱ぎ捨て、掘り返された土の中で眠るのだが、このうちのどれが根を張って、はちすの花を咲かせるようになるのはいつのことだろうか。

.

.

先日来掘り始めた蓮根の売り上げが三万円になったので、このお金を基にして気晴らしに出かけることにした。

なんでも、伊東にふかひれを食べさしてくれる中華料理の宿があるとのことで、そこに申し込んでいる。

新婚旅行ならぬ蓮根旅行である。この旅行は、五月にも一度出かけているので、蓮根通帳はまたしても底をついてしまった。

しかし、こんな風に出かけられるのもいつまでだろうか。

本格的なふかひれを食べたことのないわれわれはいまから楽しみにしている。

|

« 朝の露 | トップページ | 宿を探してあちこちと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58533305

この記事へのトラックバック一覧です: はちすから飛び出して:

« 朝の露 | トップページ | 宿を探してあちこちと »