« 初霜 | トップページ | ピラカンサスの赤い実 »

2013年12月15日 (日)

ボーナスサンデー

001i

一昨日まで真っ白だった富士山が、化粧がはげたように黒い部分が多くなっている。

多分強烈な風が、積もった雪を吹き飛ばしてしまったに違いない。北海道東方に台風並みに発達した低気圧が、大陸からの寒気を呼び込んでいるのだろう。

この寒さが本格的なのか、歳の所為かかなりこの冬の寒さは身にしみる。

昨年まで念のためにと持っていた半ズボン下と長袖の肌シャツを引っ張り出して、着用することにした。

.

.

ボーナスサンデーとかで、新聞の広告はかなり厚みを増しており、新聞受けに引っかかって取り出しにくいような状態になっていた。

アベノ増税を前にして、”買え 買え”と言っている。

我が家では、ボーナスと言うものからは、ここ20年余見放されており、どんなに広告を出されても臨時収入というものは無い。

こんなとき、デパートなどに出かけても、華やかな社会から置き去りにされているようで行く気がせず、市街地外周をうろつき中に入れないでいる。

広告を見れば、欲しいものはもとより、必要なものもさえ肝心のものがないので完全に壊れるまで待って、少々高くてもそのとき買うしかない。

国民は、富める者と貧しい者に二極分化されていくそうだが、この調子では雪崩を打って貧しいほうに転げ落ちていくような気がしてならない。

いやすでに貧しいほうに入っているのを、認めたくないだけなんだろうか。

|

« 初霜 | トップページ | ピラカンサスの赤い実 »

コメント

星さま
まったく、まったく お先真っ暗な感じが余計に心を暗くしてしまいます。
年寄りばかりでなく、ボーナスも出ない小さな会社や非正規社員の若者も同様でしょう。
こんな政治をする政権がまだ50%近い支持率があるのが不思議です。
よほどオバカさんばっかりがいるんでしょうね。

投稿: オラケタル | 2013年12月16日 (月) 21時12分

貧しきを憂えず等しからざるを憂う
焦土と化した日本を、ひたすら働いて復興した老人を粗大ごみか廃棄物のごとく扱い、年金を削り増税し悪夢のようなインフレの気配が漂う世紀末が迫ってるような、、、、
、寒い寒い冬がきそうですね、、ズボン下では到底凌げないような

投稿: 星 | 2013年12月16日 (月) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58762718

この記事へのトラックバック一覧です: ボーナスサンデー:

« 初霜 | トップページ | ピラカンサスの赤い実 »