« 首筋がスースー | トップページ | 冬の木 »

2013年12月20日 (金)

行き所を失った

001

明けの空はすっきりと晴れ上がり、雲ひとつない青空の下、
立待ちの月が行き所の無いようにして輝いていた。

今日も底冷えのする日であり、長野は佐久に住む義妹から「道が凍ってツンツルテンだよ」と言う電話が来た。

その余波なのか、安倍川沿いを遡り出荷する蓮根を積んだ自動車の社債温度計は三℃まで下がっており、それに加えて強烈な川風が体感温度をさらに低く感じさせている。

.

.

猪瀬東京都知事がついに辞めざるをえない事態になった。

当然と言えば当然過ぎることであったが、その辞職表明の言葉の中で、オヤッと思う言葉が出てきた。

それは、自らの態度が”傲慢であった”と言う箇所である。

これは、誰かに言われたのでなく自分自身でそう思っていったのなら、常日頃よほど傲慢だったのか、振り返ってみての反省だったのかということになるが、なかなかいえることではないような気がする。

とはいえ、都議会の追及がこれで終わり、後はうやむやにしてしまうことのないようにしてほしいものである。

政界は左側次期都知事選びに入っているようだが、新聞によると安倍総理は「勝てる候補を」と言っているそうだが、勝てさえすれば良いわけではないはず、、、

そんな人だから、今回のような不祥事が起きたのだから、、、また、それに乗っかる都民や日本人にも責任があるのだが、、、

同音異義語になるのだが、430万票をとっても、今日の月のようにどこにも隠れるところが無く”たちまち”辞めるような人を選んではいけないよ。

東京都民でない者の言うことではないかもしれないのだけんど。

|

« 首筋がスースー | トップページ | 冬の木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58789679

この記事へのトラックバック一覧です: 行き所を失った:

« 首筋がスースー | トップページ | 冬の木 »