« 蝋梅も開花したが | トップページ | 多数を後ろ盾に »

2014年1月10日 (金)

良いですね

Img_0038

昨日今日と毎日のように、この冬一番の寒さだとテレビは報じていた。

それでも日中は15度ほどにも気温は上がり、立ち寄った店の店員も「今日は良いですね」という。

静岡で、この時期、この言葉は「温ったかい」と言う意味にも使われることを知ったのはだいぶ遅くなってからのことだった。

よその家のユキヤナギも最近の朝夕の寒さがこたえたのか、最近紅葉してきた。

しかし、花のほうは準備万端だったようで、日中の暖かさに誘われたようにして花を咲かせている。

一本の小さな木に、春と秋が同居しているのは、静岡ならではのことで「いいですね!」

.

.

気がつけば、一月もはや1/3が過ぎていこうとしている。

年末から、見るともなしにバラエテイーに数多く接してきた。

この時期だから仕様が無いのかもしれないが、年々芸人の芸のなさを見せ付けられてうんざりした。

とにかく、わいわい騒ぐだけしか能がないように見えるのは、放送局の責任かもしれないのだが、繰り返し繰り返しおんなじ様な番組を放送している。

こちらは、箸が転がってもおかしい年頃から50年以上たっているので、何がおかしいのかちっとも分からない。

あの笑い声が、芸人と言われる若ものの芸を落としているのかもしれない。

それと、もうひとつには、権力にたいする風刺が全然見られないことにあるのではないだろうか。

治安維持法でがんじがらめにされていたときでさえ、婉曲に抵抗したものがあったし、その流れが最近では”いとしこいし”の漫才や牧しんじのウクレレ、小沢昭一の漫談など次々と冥界に持っていかれ後継者は絶えてしまった。

古来、「目黒の秋刀魚」に代表されるように漫才や落語、川柳などは世相を風刺し、権力を馬鹿にするところから始まったと言っても不思議ではない。

それが最近のテレビやラジオからはそれらの批判が一切消えてしまったことに、なんだか不気味さを感じてしまうのは、、、、

「今年は良いですね」なんて言っていられなくなるよ。

|

« 蝋梅も開花したが | トップページ | 多数を後ろ盾に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/58920061

この記事へのトラックバック一覧です: 良いですね:

« 蝋梅も開花したが | トップページ | 多数を後ろ盾に »