« 深い皺ををよせて | トップページ | 春風吹いて »

2014年1月30日 (木)

あれは春雷?

003

あれは春雷だったのか、錯覚だったのか、、、、昼少し前から降り出した雨の中、昼食で満杯になった胃袋についうとうととしてきた耳に届いた低い音。

今日の雨は、この時期に降る冷たい雨ではなかった。

時折激しく降った雨も夕方前には水溜りに波紋を広げることも無くなったが、雨の降っていたときが一番気温が高かったという変な天気であった。

.

.

今日は、まだ30歳と言う若い研究者が、新たな万能細胞を作り出すと言う快挙で、もちっきりだった。

細胞に酸性溶液で刺激を与えるだけで細胞が初期化するというとんでもない作成方法を見つけたとのこと、、、、、

万能細胞では、京都大学の山中教授が二年前にノーベル賞を受賞したばかりだが、この上を行く研究で、五年前にこの研究成果を科学雑誌ネイチャーに発表しようとしたときには生物学を愚弄しているとまで言われた研究だったそうだから、そのとき認められていたら、山中教授の受賞は無かったかもしれないような気がする。

それにしても、まだ若い女性研究者たちのグループに、こんな研究を長年続けさせてきた理化学研究所もたいしたものである。

この研究に結果が出て、人間がパソコンのように簡単に細胞の初期化を行えるようになると、人間と言うものはどうなっていくのだろうか。

それこそ、秦の始皇帝以来の夢であった永遠の生命と言うものが手に入るのだろうか。

怪我で失った、手足の復活くらいならまだ許せるのだが、永遠もしくはそれに近い生命を得られる時代になったら、目の上のたんこぶが、、、、、、

ああ、嫌だ嫌だになってしまいそう。

|

« 深い皺ををよせて | トップページ | 春風吹いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/59039757

この記事へのトラックバック一覧です: あれは春雷?:

« 深い皺ををよせて | トップページ | 春風吹いて »